ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弾くのは私だからですね? ③

続きを弾こうとしたのですが・・・

「ちょっと待って。緊張してるからかもしれないけど。。。この前言ったことに気を付けて、最初から弾いて。」


弾きはするものの、今度は師匠の声で止められます。

えっ??
そうじゃなくて最初の音は・・・
次は・・・
その次は・・・




できない・・・

できない・・・

なんどやってもできない・・・



一小節も進まない。
一音ずつ止められる。



このままでは、今日は8小節で終わっちゃうかも?!



「ち、ちょっと、、、どうしたの?この前の段階から精度上げてくると思ったのに、なにしてるの」
信じられないといった表情の師匠。



そうです。
ぜんぜん変わってません。
むしろ退化してますし。



前回褒められた所も、めちゃめちゃ言われましたし。


そこはそういうふうに弾くの?(違うでしょ)
音の大きさじゃない!
緊張感!
和音のバランスが悪い
音の扱いが雑
タッチが違う
音が聴けてない
音質悪い
アクセントが目に入っていないの?
リズムが崩れてる
拍子感がない
レガート、レガート!!指もできてないしペダルの入れ方も悪い
左の和音は切るけど右をつなぐためだけにペダルを入れるから・・・いや、それだと濁ってる・・・それだと右が切れてる・・・・・・・・
和声の変化を意識して。音の扱い方を変えて。


この曲はね、少しも大雑把な所があってはいけない。
楽譜をていねいに見て。
すべて繊細に。
細部にまで行き届いているように。




・・・わかりますけどもぉ。
・・・細かさ具合が今まで経験した曲の比じゃないですよ。
・・・むぐぅ・・・髪の毛ごっそり抜けそうです・・・。






これ、(超絶という意味でなく)超上級者向けの曲だから♪




・・・って、なぜ、そこで「にっこり」されるのですかぁ~~~!!!


だって・・・楽譜を見ても、曲を聴いても、簡単そうだったんですよぉ~~。
そりゃまぁ、師匠の言うこと聞かなかった私も悪いんだけどさ(ここにはその顛末は書いてないけど)。



これって、これって・・・演奏効果が低い曲ってヤツ?
(そんな言葉あるの?!)

スポンサーサイト

弾くのは私だからですね? ②

さてレッスン内容ですが・・・



あまりに弾けていないので、まずはワン・クッション置くために、
デザートどころのOp.10-1を見て頂くことにしました。

とは言うものの、遊び弾きしかしていなかったので、たいして見て頂くところもないのです。



弾き方のコツを再度教えて頂いただけで、あっさりとデザートは終わってしまいました。



・・・・・・・・・・・・・・・・


そして、メインどころに入ります。



まず一回通す。
これが毎回の儀式ですが、1ページ目の半分を過ぎた所で完全に止まってしまいました。

気持ちが入っている時、のっている時は、たとえ技術的に問題があったとしても強引にでも先に進んでいくことができます。
現に前回のレッスンの時もそうでした。
それに、この時止まってしまったのは、難所というようなところでもなく。。。
気持の問題と言うか、、、自信のなさというのか。。。


すっかりわからなくなってしまったのですよ。



この曲、どういう曲だっけ?
この先どうなるんだっけ?
今、どの辺弾いてるんだろう?


まるで迷子みたいに。




とりあえず音を並べただけの、1ヶ月前の頭に戻ってしまったようなのです。

弾くのは私だからですね? 前編

2週間ぶりのレッスンでした。


ボロボロでした。



弾けていないの、思いっきり自覚して行きましたから、当然です。


何しに来たんだって思われたでしょうけど、きっちり最後までみてくださいました。




申し訳ないです。
こういうの、自分が一番いやなんだけど。。。


どうしても、どうしても・・・弾く気になれなくて。




今ですか?

レッスンを終えてから、つまらないこと考えてる余裕がなくなりました。


少しでも前に進めるように、やっていかなきゃ。

デザート好き

なぜかソナチネにはまる。

エチュードにはまる。



メインは、まるでハカドリマセン。


神様、どうか私に暗譜力を!

あれは未遂だった

気分転換にショパン・エチュードの譜読みを始めてみました。
Op.25-8です。


う~~ん!これは楽しい。
始めたばかりだから♪



そして、短い!

3ページなのですよ。


私の得意な臨時記号がたくさん出てきますが、
3ページならやる気にもなりますね~~

はい。何が得意って、そりゃ、読み間違いが!




音符の読み間違いほど情けないものはないので、よくよく気を付けているのですが、時々やってしまうのです。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



それは今の先生に習い始めて間もない頃のこと。
モーツァルトのソナタを見て頂いていました。
当時は、今よりももっと音が聴けなかったので、ありえないハーモニーにも気付きもせず弾き続けていました。
自分で弾いていて気持ち悪くなかったのでしょうか??
いささか疑問ですが、真剣に間違えていました。



こういうものは耳の良い方にはどうにも耐えがたいものだったに違いありません。

私の手元を見るでもなく、ご自分のピアノの蓋も閉じてしまわれ、じっと眼を閉じて音に集中されていた師匠は真顔で仰いました。



「今、10回以上、心臓が止まりそうになった。」







・・・よ、、、よかった。止まらなくて






以来、それを『殺人未遂の曲』と私は呼んでいます。






こんなことを思い出したら、急に弾きたくなってきました。

遅い時間ですが、カタカタ音がしないように、pppで弾いてから眠ることにしましょう。



およそ殺人には結びつかない曲です。
・・・K.545、第2楽章。

展開その後

明日、久しぶりにスタジオで練習しようかと予定していましたが、急用が入って計画がつぶれてしまいました。
あ~~、残念。
ま、でも、ぎりぎりまで予約していなかったのだけは幸いでした。
私が行っているところは、いったん予約したら全額支払わないといけない所なんです~。


前回のレッスン以来、グランドピアノを弾いていないのはもちろん、家でもほとんどサイレント機能を使って弾いているので、音色やペダルの確認ができません~。

電子ピアノの時にもやっていたのですが、こういう打鍵の仕方をすればおそらくあんな音がでるだろう・・・と、レッスンの時の記憶を頼りに推測で弾いているだけ。
だから、家で練習する期間が長いと、「えっ?どしてそんな硬い音になっちゃったの?」というようなこともしばしば。。。
逆に、予想に反して音がならないこともありますが。。。

う~~ん。サイレントにすると鍵盤が重くなるんですよね。


きぃーー、音が鳴らないっ!・・・・・・バキッ!グキッ!


あっと、そこまではないですが・・・
つい余分に力が入っちゃって、今も爪が割れてちょっと痛い。
ふ~~む、カルシウム不足?

じゃなくて、そんな弾き方をしていてはいけませんね~~。
軌道修正しなくては。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




さて、どういうわけか、今週はレッスン直前の時間までスケジュールぎっしりになってしまいました。
・・・レッスンの時間にも間に合うかなぁ。。。
駅まで走って行かないと遅刻しそうです。




で、別の曲を持って行くのはやめました。


その曲も、いつか見て頂きたいと思っていたんですもの。

こういう曲も弾けるようになりたい・・・と大事に温めてきた曲なんです。

ぞんざいな扱いはしたくない。。。

どの曲にも言えることなんですけどね。



その代り、例の曲。
がんばりましたぁ、昨日。。。。半分だけ。

ていねいに見ていったら、半分しか到達しなかった。
時間も足りないし。
頭がパンク。
これ以上、脳が受け付けませんって。
しかたなく、途中は飛ばして終わりの2ページだけ、じっくりとやりました。

終わりよければすべてよしってことで~~♪





今日はもう寝ます。
夢の中にもピアノが出てきませんように・・・
熟睡したい。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。