ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爽快感

ある日、ある時、ある場所で。
誰かと誰かの会話。



「あぁぁ・・・、もうど~~しましょう~~。このまま弾いちゃってもいいんでしょうか~。」

「ヤだな



即答ですか!
でもって、、、その曇りのない笑顔!




その潔いまでのホンネがまた爽快で、笑っちゃいます。




そっか。
やっぱり今のままじゃ、全然ダメなんだ。
スポンサーサイト

これからは

ぎゃ~~~~~~~~~~~っ!!!
聴いてしまった。
昨日の録音。

恐いですよ、これは。
美しい曲が、うつくしいー曲のはずがぁ~~~。
なぜに、そんなに責め立てるのか、
なぜにそんなに弾き急いでいるのか。


左右のバランスも悪いし
めっちゃ転んでるし
早回しのガタボロで
音はずしまくり~
強弱もないよ??
そのフォルテの出し方はないでしょっ。

いやいや、なんかもうそういう段階じゃなくて
弾けてない。とにかく弾けてない。

たぶん普段からいい加減なんだと思う。



自分の演奏の録音を聴いて、大笑いしたことも、ひどく落ち込んでピアノ弾きたくなくなったこともあったけど、
今回は割と冷静。
あれだけ酷いのに、落ち込んではいません。

現実を直視しています。


去年のオフ会から一年・・・
やっぱり成長してないなぁ。。。


こういうこと書くと、そうとう落ち込んでいると心配されそうだけど、
そうではなくて。
師匠に申し訳ないのですよ。
同門のすごい方々のなかに、どういうわけだかうっかり紛れこんでしまった私のようなダメダメ生徒にも、わけ隔てなく一生懸命に教えて下さっているというのに。


この曲は封印して
一から・・・基礎からやり直します。
弾きたい曲よりも、私に必要な曲を弾きます。
高望みして、目で訴えるのはやめます(笑)
10-2は腱鞘炎になるとの噂なので、気をつけます(あ、ショパンじゃないって?)。

インベンションでもツェルニーでもバイエルでも
必要なものを弾きたいです。


こつこつやること、嫌いじゃないです。
それが次につながるのかと思うと、ワクワクします。
今度のレッスンが待ち遠しいなぁ~。

夏の大イベント

昨日は夏の大イベント、ふさふさオフに行ってまいりました。

去年に続いて2回目の参加ですが、お久しぶりの方、初めてお会いする方・・・途中から参加された方もいらっしゃったので・・・え~と、総勢25,6名??ぐらいでしょうか。
1年ぶりにお顔をあわせる方もいて、同窓会のようですね~~。
うれしい~~

ピアノのあるレストランを借り切って、お昼の12時から発表会形式で順々に弾いていきます。
1部から3部まではピアノ、4部は歌や連弾、全員での合唱もありましたが、私は第3部。
くじ引きで1番目の演奏順となりました。

かわいいプログラム(tさんありがとう!)を開くと、なんとも豪華絢爛な品揃え、、、じゃなくて曲揃え。
お菓子や飲み物をいただきながら、リラックス~。
ところが、次々に演奏される皆さんのすばらしい演奏に引き込まれてついつい身を乗り出してしまいます。

覚悟はしていましたが・・・・・・


皆さん、すごすぎ!上手すぎ!!です。

手が痛くなるほど、毎回大きな拍手をしてしまいました。

音色や歌い方はもちろんですが、あまりの美しさに見とれる演奏や、華麗な指さばきに目が釘付けになる演奏、感動でウルッとくる演奏など・・・
本当にすばらしかったです。


さて、私の演奏はというと。

名前を言ってはいけないあの人(ハリポタ風に)の例のあの曲を弾いてきました(こちらでは最後までヒミツでごめんなさい)。
曲名は伏せてきましたが、レッスンでずっと見て頂いていた曲です。

ほとんど緊張はしていないつもりでしたが(弾く前に落ちつきはなかったけど)、勝手に左手が震える場面が曲の間に2回ほどあり、フシギな感覚でした。
鍵盤が軽いのであり得ないスピードで暴走するところも多々あり、不協和音鳴らしまくりのドロドロした曲になってしまって・・・。


初めて聴いた曲だと仰る方が何人もいらして
「すごい超絶技巧の激しい曲ですね・・・」〈←褒め言葉)
ってなことになっていますが。。。

あっはは~~~、違うんですよ~~!!
私が弾くと、どんな曲も激しくなってしまうんです。
うっくく、今思い出しても笑えます~~。

その他にも温かいお言葉も頂戴いたしまして、ありがとうございます。



さてさて・・・
もしも今日の演奏を師匠に聞かれたら

「○○○(作曲家)の墓に行って謝ってこい!」
あるいは
「(音色云々の前に)まず、ちゃんと弾こう。」
あるいは
「そういうミスタッチでこの素晴らしい曲を台無しにしないで」(以前、実際言われた)

・・・ふむむ、どれもあり得るな。。。



この曲を人前で弾いたのは初めてですが、ダメ出しされ続けていた意味がやっとわかりましたよ(遅いし~)。
反省点は山のようにありますが(・・・っていうか反省ばかり)、ムリだと言われてきた曲を最後まで弾ききったことだけは、自分にお疲れ様と言ってあげたいです。



4部のお二方が歌い終えられた後はお待ちかねの夕食です。
まずはビールでかんぱ~い!
食べる、飲む、しゃべる、笑う!!!

席を移動し、いろんな方とお話させていただきました。
合間に連弾の演奏、全員での合唱(気持ち良かった~~)、常にピアノの音も鳴っていて最後まで(夜10時ごろ?)盛り上がりました~。

その後興奮さめやらぬまま、数人の方と喫茶店に入っておしゃべりをしました。
最後まで笑っていたなぁ~。



ピアノも堪能、いっぱい笑った濃い一日。
ここにいられることが幸せ、そんな一日でした
皆さんとご一緒させて頂けて、とても、と~っても楽しかったです。
幹事の皆様もどうもありがとうございました。

またきっとお会いしましょう



・・・さてと、これからお墓に謝りに行ってくるとしますか

届きますように・・・

今週末、あちらこちらで演奏会等、行われるようです。
応援に駆け付けたいところですが、申し訳ありません。。。こちらで失礼します。


これから本番を迎えられる皆さま。。。

お一人お一人のお名前やお顔を思い浮かべつつ・・・
また、偶然にもここに迷い込み、お読み下さっている方々も・・・



これまでの努力が実り
本番での演奏が、皆さまの魅力あふれるものとなりますよう
心よりお祈りしております

克服するヨロコビ ②

注:以下、デフォルメもしていませんが、ごく一部を書いています。
  実際はきちんと教えて下さっています(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まず、暗譜で弾きました。
ここまで来てしまったのでばっさり斬られはしませんでしたが、特に褒めるところもないためか、


「よく(暗譜)覚えていたね~。」と、師匠。

・・・そ、そこだけですか。褒めポイントは!!




中でもとりわけ「聴いていてがっくりする(笑)」2ヶ所を重点的に教わりました。
何ヶ月経っても一向に弾けるようにならないので、思い切って指遣いを変更することに。

師匠も演奏されたことがない曲のようで、隣で試行錯誤しながら新しい指遣いを提案してくださいました。


「ね?この方がいいでしょ?」

・・・はぁ・・・・そう仰られても、変わったばかりですぐには馴染まないですし。


「ここは弾むようにしたらいいんじゃない?きらびやかな音で。さっきからサンタさんが見えるんだけど?」

・・・サ、サンタさん?!見えましたか!

師匠は時に、とってもメルヘンな発想をされます。


ふ~む。言われてみれば、そんな気もしてきます。
ここは前からのつながりから言って、どう捉えたら良いのか自分の中で消化しきれていなかった所。
そっかぁ~、サンタさん。。。



私が指遣いを書き込んだり試したりしている合間に、さらに先へと進んでいき喜々として初見演奏をされる師匠。

「うん!これで大丈夫!!何の問題もないよ。」と涼しい顔。


・・・う~ん、それはよかったです!

・・・ん?
・・・じゃなくて、先生が弾けても~~





もう一ヶ所では、跳躍があるにもかかわらずペダルを使わずに音を繋げるという荒技技術を教わりました。

「こういう難しいところを練習するのって燃えるよねっ?」
・・・あははっ

「わかる?難所を克服する時のヨロコビ。」(満面の笑み)
・・・あっはは~~。わかるような気がします。
・・・しっかし、ほんっとに楽しそう。

あまりに楽しげに弾かれるので、こちらにも伝染してきます。
ピアノの練習ってこんなに笑いながらやるものだっけ?





最後に、フォルテ~で(私には)超絶~な部分の弾き方を教えて頂きました。


「あのぅ、、ここは・・・」

「あぁ、ここは(弾いていて)気持ちいいよね~♪」

・・・っていうか、上手く弾けないんですけど。


「これはⅡ度の響きを味わって・・・」

・・・あ、やっぱり。・・・そこまではわかるんですが。。。



「あとはテキト~

・・・え~~、適当って~~~


克服するヨロコビ ①

数日経ってしまいましたが・・・2週間ぶりのレッスンに行ってまいりました。

あれから必死に練習・・・と思いきや
なぜか黒こげに日焼けしております。。。


実は、その直前まで私がいたのは
海でございます

夫の実家です。

1週間。。。



泳ぐのは好きなのですが、2日もいれば十分なのですがねぇ、私は。
早く家に帰って練習した~~い 叫ぶこと数十回。

おまけに、浜辺の攻撃的な紫外線でほとんど火傷になってしまい、足が腫れて痛かったです。
以後長袖を着ていましたが、生地を通してジリジリ焼けてしまうのですよ~。


帰ってきた日も暑くて暑くて、ドロドロに溶けてしまいそう。
荷物を整理しつつ冷蔵庫を開けると、、、
そこにみえるのはよ~く冷えたビール・・・・・・


・・・く、くぅぅ・・・。
・・・誘惑に負けてはいけない。

・・・だって、だって・・・まずいよね??
・・・いくら疲れていても、レッスン前のアルコールは。



そうなんですよ。
それなりに気を使って一週間過ごして、長時間電車に揺られてきましたからねぇ。
ま、でもガマン、ガマン・・・

帰宅したばかりですが、再び電車に乗り、ウキウキしながらレッスンへ。




とにかくピアノが弾きたくて。
音楽の話ができるのが嬉しくて。



家のことも仕事のことも忘れ、
心おきなく音楽漬けになれる貴重な時間なんです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。