ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢だと思ふ ④

帰り支度をしていると、




「もう一曲増やしておく?・・・あ、ベルガマスクがあるから十分だったね。」

「・・・はい。」(謎の微笑)

「・・・・・・・・・・・でも、やっぱり増やそうか?」




・・・な~~~んで、わかっちゃったかなぁ~。
・・・曲数は多いぐらいなんですけど、どうしても弾きたいのがあるんです。




「ずっとベートーベンが弾きたかったんです!」

「んっ、いいねぇ。冬に向けてベートーベンが弾きたくなるよね。」

・・・おや?先生、真夏に弾いてらしたじゃないですか(笑)


「何でも言ってみて。難しすぎたら言うから。」

「ベートーベンはほとんどやっていないので、悲愴・・・とか。」

「うん。他には?中期とか後期とか。」

「後期はあり得ません(笑)」

「30番は?(ワクワク)」

「ふふっ、まさか~。聴かせて頂けるだけでいいです。」

・・・勧める人、間違ってますって。


「技術的に難しいところはないし、弾いてみる?」

・・・??意味がわかりません~~!!
・・・私がだれなのかお忘れでは?
・・・弾けるわけないでしょ===


・・・あぁ~~、でも、30番大好き♪
・・・一生弾くことはないだろうけど。



結局、やはり前々からやりたかった悲愴になりました。

「1楽章と2楽章をやって、完成させましょう~。」
(3楽章はやったことがあるので)




「悲愴にベルガマスクかぁ。ワクワクするね~
・・・ふふふっ、またご自分のことのように(笑)


「あ~、、、でも、最近譜読みが億劫になっちゃって。ちょっと、いろいろ・・・・△▽○×☆●・・・・・・・・・・・で。


「そう?少し休んだら、またすぐに弾きたくなるよ。△○☆なんだから、●◎☆%にすれば?




譜読みがめんど~と言っていたわりに、『悲愴』だけは気になっていたのです。
1年前は許可が下りなかったんですよね~。




さぁ、これで無気力から脱出できるでしょうか?!



・・・・・・


練習できていない私が原因でもあるのだけれど、
あまりにも、ゆるゆるしたレッスンで


非常に落ち着きませんでした(爆)





これからは「生ぬるい」よりも

「冷えた・・・」か、「熱い・・・」にしてほしいと切に願う(笑)
スポンサーサイト

夢だと思ふ ③

そして、Op.10-1。
暗譜で弾きます。


「ミスタッチは集中力の問題かな。。。う~ん、どうしたものか。」



腕の運び、弾き辛いところの攻略法とともに・・・・

4分音符単位で捉えれば、そう忙しい曲ではない。
忙しい曲ではなくて、和声感のあるゆったりした曲と捉えること。
こだわり箇所は、響きを作ることを中心に、慌てる必要はない。

転調した時の強弱の付け方なども教わりました。



「ここはね~。〇○〇先生は(以前)レッスンの度に『弱く』って仰るんだけど、毎回強く弾いて持って行ってた。」


・・・あはは。。先生のこだわりですね?


初めは2小節ごとに取り出して弾かれていたのが、次第に本気モードになられた師匠。
目の前で、ラスト2ページほどを一気に弾いて下さり・・・




思わず息をのみます。


ホンモノ、だ。





シンプルな作りなのに、なんてドラマティック

全ての音をただ鳴らして
速く弾いたからといって
このようにはならないのです。




「そんなふうに、できそうにないんです。」
・・・こういうことを言ってしまうのは、やっぱりいつもの私ではないのですが・・・
今日だけは許してほしい。。。

「できるよ。」

そんな、あっさり言われましても。。。
暗示にかけられるしかないかな。




さて、ここで終了と思いきや、
「Op.25-8 は?」


ふぎゃ。困った。。。

今日は弾くつもりがなくて、練習してないし。
あまり気乗りがしない曲だし。

「今日はいいです。全然できてないんです。」

「いいから。練習方法だけでも教えられるから、弾いてみて。」

・・・・・・・・え~ん、ホントに弾けないのに~~。


できないのを証明するために(笑)少しだけ弾いてみると、次々に先生が弾きながらレクチャーして下さいました。



ど・・・どうして??
最初からそんなに種明かししちゃっていいんですか?!
レッスンする段階じゃない!!・・・でしょーーーに。

・・・まぁ、こんなことに敢えて突っ込みを入れる必要もないだろうと思い、有難くメモメモ。

しかし、予習してないと、師匠の言葉がロシア語のようですよ。
何を言われているのか理解できず、たびたび、聞き返してしまいました



こうして、具体的な練習方法も教わり、目の前で演奏も聴かせて頂けると


Op.10-1もOp.25-8も

キラキラ輝いて見えますねぇ。



早く家に帰って練習してみたい~♪

夢だと思ふ ②

「わ~~い!レッスンだ~♪」でもなく
「練習間に合ってない~~!どーーしようー」でもなく

「ん、時間だわ。さ、行こうっと。」と、まるで仕事に行くかのように、家を出ました。


今月は特にお忙しい師匠。
過密スケジュールの合間のわずかな枠に入れて頂いたのになぁ。
予約を入れる時には、やる気にあふれてましたからねぇ。。。

なんだかすごく罰当たりのような気もしてきます。



ん~~、気が重いなぁ。。。

とにかく、インベンション2曲とOp.10-1だけを見て頂こう~。





レッスン室へ着くと、ほんわかムード。

師匠はお忙しい時ほど、むしろゆったり・ごきげ~んなことが多いのです。
この後も、別の地への移動日のはず。
私なら、次の日のことで頭がいっぱいで、ピリピリしていそうなところ。
フシギだなぁ。




しばしの雑談の後、レッスンのスタート


まずは初バッハということで、インベンションの4番から。


さっそく弾き始めますが



・・・集中できない・・・・・・。
夢の中で弾いているみたい。


トリルの入れ方。
うたい方。
レガート、ノン・レガートで弾くところ。
などなど。。。

ボーっとした頭のまま、言われたように弾こうとしますが、すごく変。
指が自分のものでないかのようで、できない自分に笑ってしまい、
師匠も笑っている。。。

そんなことってアリ?・・・


やっぱり夢か??これは。




次に8番。

弾き始めると
「これはね、速い曲なんだよ♪このぐらいのテンポで。」

・・・そう言われると思いました!
・・・躓くと思って、テンポを抑えたんですよ~


よたよた弾き終えると。。。

「うんっ。じゃ、もう一度弾けるテンポで弾いてみよう~。」

・・・はぁ、まるで子供ですよ。私。




2度目を弾き終えると。。。

「はいっ。さて、この曲は何調でしょ~~か?


・・・ク、クイズ番組??
・・・私、夢の中でクイズ番組に出ちゃってるの?

とにかく答えるか。

え・・・・・・・・えっとぉ・・・・・・


「ヘ長調。」・・・ありゃ、なんで日本語?

「はいっ、それをドイツ語でいうと?」

「F dur。」

「そう。では、最初に転調するのは何小節目で何調にかわるでしょう?」

「ん・・・と。。。7小節目で、、、、、、、、、、(長っ)、、、、、、、、、C dur。」

「じゃ、ここからは?」

「g moll!!」(慣れてきた(苦笑))

「ここは?」

「…d moll 。」

「F dur と d moll の関係は?」

「平行調。」


司会者の師匠、めちゃめちゃ楽しげです。


こんな感じでクイズ終了~



1拍目を感じること。
・・・私、拍子感がまるでないです。

音質ものっぺりしていて、つまらない。

師匠のように躍動感のある音が出したいな~~。


・・・あれ?出したい??
・・・弾きたい気持ちになってきた?

夢だと思ふ ①

拍手コメントありがとうございます
もう読まれてますね(笑)…私の性格を。


昨日は手つかずのドビュッシーの楽譜をバッグに押し込んで、仕事へ行きました。
帰りの電車の中で開いてはみたのですが、家では弾かずじまい。

仕事で新しいことを覚えようとしていて、脳が疲労~~。
早めに寝てしまいました。



・・・・・・




さて、今日はレッスンに行ってきました。







ふわぁ~~~、とっても楽しかったです


終始、春~~~な感じの和やかなレッスンでした。
ずっと笑っていたような気がするなぁ。



あ、でも、私好みのレッスンではないんですけど(爆)





私がトロトロとしか弾けなかった代わりに、師匠の演奏がた~っぷり聴けたので、充電完了です


明日から忙しくなるので、ピアノの時間はとれないかもしれませんが、気力だけはだんだんと湧いてきました!
ご心配おかけしました。

・・・あ、最初からわかってました?





くわしい(?)レッスン記は、しばらく後に書かせていただきますね。

移行準備

でもね・・・・・・


今日はスイート・パンプキンですよ


カボチャもあるし、生クリームも買ってあるし・・・
そうだ!って思いたってからすぐに作れるからお手軽~。

作り方はスイート・ポテトと同じ。
パイ皿にこんもり盛って、オーヴンで30分。

アツアツを取り分けると、すぐに完売~~




ここまで来たら・・・

画像の取り込み方を覚えるべきだよね、うん。



パンとお菓子のブログに変えるのも、いいかもしれない。
その方が向いているとは前々から思ってた。




さっき、テレビでショパンのOp.10-1が流れてたのに、だ~~れも私が弾いてる曲だって言わないんだも~ん。

ねぇ、それって同じ曲に聴こえないから?!




「革命」弾ける?
っていう質問はなんでしょうね~~。

弾いてたじゃん!!
何ヶ月か前に。

あれは一応「革命」だったんですけどぉ~。

離れてしまうかも

昨日はパンを焼いてしまいました。


強力粉の一部をライ麦粉に置き換え、レーズンも混ぜ込みます。

フードプロセッサーにも頼らず、400グラムの粉を手でコネコネ。。。
この量を手で捏ねるのはちょっと重労働・・・と思っていましたら、
やってみたらそれほどでもなく。
あっという間に捏ね上がりました。


2次発酵の後、木の葉型にクープを入れて焼き上げれば、カンパーニュ風のお食事パンの完成です。





で・・・それはいいんですよ~~。
普段の日ならば。

もうすぐレッスンです。

レッスンが近いのに、こんなことしていて、大丈夫なの?
逃避行動か?

ピアノに限って(笑)逃避行動はしたことはありませぬ。



譜読みが面倒・・・したくない・・・

そんなことあり得ないってば。



私は新しい曲の譜読みが大好きなんです。

これから始まるワクワク感。

自分の手で音にできる瞬間。




なのに、なぜ?
楽譜は手元にあるというのに、1ページも進まない、ドビュッシー。
プレリュードの指番号だけは付けてみた。
それだけでおしまい。

弾いたことのない作曲家だから、どう弾いたらいいのかわからない~というのもあるけれど。
まず、自分の思うように弾いていかなければレッスンして頂けないし。




それにしても

もう、このままピアノ離れに陥ってしまうんじゃないかって・・・

なんとなく。。。

どうか飴を与えないでください

今日はがんばりました!





『秋の中掃除』と題しまして


台所とお風呂場のお掃除を念入りに



BGMはポリーニのショパンエチュードです。
お掃除にふさわしい曲なのかはわかりませんが、何度も聴いているので手を止めることにもならず、作業効率も良いということで。

さらさらと聞き流しながらも、「うわぁ~、この曲やっぱりいいわぁ~~~」というものは決まっているんですよね。

しかも難易度高し!っていうのばっかり(笑)


あぁぁ、いつか弾きたいなぁ。。。



と言いつつ。


ピアノなんですが、
最近あまり気持ちが乗らないんです。

これが私なのか、いったいどうしたのだ?!と思うほどに。


一応練習はしているけれど。
インベンション2曲とOp.10-1 だけ。




この日までに。。。という危機感がないからかな。

う~~ん、でも今までは人前で弾く予定がない曲だったとしても、レッスンで見て頂くのが楽しみで頑張っていたのになぁ。




できなかったことができるようになる
弾きたい曲が弾けるようになる

それだけで充分練習する意欲につながっていたんだけど。。。





ピアノ。。。そんなに好きではなくなったのだろうか。。。

まさか、ね。






原因は自分でもウスウスわかっているんです。。。





あ~~~~~~~、困りました。
困るんですってば。

ホントに困った理由です。
私にはどうすることもできない。






今度のレッスンで
気持ちの切り替えができますように。

ほぉ~

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

月曜日、仕事が休みだったので楽譜を買いに行ってきました。

インベンションとシンフォニア、それにベルガマスク組曲です。
バッハはヘンレ版、ドビュッシーは音友(ムニエ編)。

いつも行く楽器屋さんに問い合わせると、バッハは店頭には置いていない入荷したてホッカホカのものがあるとのこと。
ドビュッシーもあるというので、さっそくお店へ


ふらりと立ち寄った駅ビルのハンカチ売り場に私の好きな鍵盤ハンカチの新色を発見~~。


じゅるるっ・・・ほしい。
あぁっ、でも今日は楽譜!楽譜が先だわっ。


そそくさと立ち去ろうとすると、アクセサリー売り場には色の組み合わせの絶妙なビーズのバレッタが。
思わず目をキラリ~~ンとさせて立ちすくんでいると。

「どうぞ、お手にとってご覧ください~」と店員さん。


うっわ~~~、き・れ・い~~~


チラリと見えたプライスは5〇○〇円也。
ぶ、ぶわっ・・・・

ありがとう。。。目の保養
だったら私はエキエル様を買うわ。




ようやく目的地の楽器屋さんに到着。
そしてここでも。

音符柄のポーチ、お箸や箸置き、メモ帳、シャーペン・・・
誘惑がいっぱい~。
買いもしないのに手に取る取る~~。


そして、楽譜以外の本もパラパラとめくります。
奏法の本なども読むの、好きなのよね~。

楽譜コーナーを見ると、バッハは師匠お勧めのものが店頭に並んでいたのでもう一冊買ってしまいました。


あぁ、幸せ。
3冊も買っちゃった。


楽譜を買うときだけは決断が早い私。

そして ②

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

そして ①

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

つづき

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。