ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初シンフォニア ②

あと少しで年が明けてしまう~~
ということで、大急ぎで続きを。



・・・・・・



さて、レッスン。



まずシンフォニア13番からみていただきます。

ご承知の通り、私はシンフォニアを弾くのは初めてです。



何をどうしたらいいの?から出発ですが、とりあえず通して弾きました。


家では一応、指の関係で切れてしまう音をペダルでつなぐようにはしていたのですが。
右手と左手だけで精いっぱいで、足なんぞ少しも動かすことができません~。



ま、とりあえず音は取れている、ということで、、、最初から細かく見て頂きました。




やはり、つなぎのペダルに苦戦しました。

どの音をレガートで弾くか、それとも切るのか。
指でつなげられない場合、一瞬ペダルを踏んでつなぎます。
楽譜上は残っていそうな音でも、他の声部でポン・ポン・・・と短く切りたい音は、ペダルに入ってはいけないし、つなぐべき声部でも少しのズレで前の音が入ったり、逆に切れてしまったり。



この一音だけで何分かかっただろう?!と焦ったことがありましたが、
今回はずばりコレでしょう!


音と音の隙間でレッスン時間終わっちゃう?!





まるでペダルを踏むのが初めてかのように、頭からの命令と足が連動しないのですよ~~~。

指も、「あれ?残っていない。。。あれ?残ってる。。。」
・・・とすべて逆なことやってるし。


もちろん、この瞬間踏みペダルが何ヵ所もあるので、一つやれば次を忘れ、成功してみて前に戻ってみれば、既に直前にやったことを忘れ。。。
あぅ。。




ところが慌てているのは私だけで、師匠はじっくり付き合って下さいました。


慌てず、すべての動作を確実なものにする。。。ようにと。




「今、ここでできるようにして。
こういう練習を次に持ち越しちゃいけない。」


・・・練習には、時間をかけるものと、短時間で集中して掴むべきものとがあるのかもしれません。





最初の方を2ヶ所ほど、私のリハビリ練習に付き合って頂いた後、残りは弾きながら解説して下さいました。





そして次に、「別れの曲」。
こちらもレッスン1回目です。


まず通して弾きましたが、テンポが遅いとのこと。




再び弾きながらポイントを説明してくださいました。


「指が慣れていなくても、最初から弾きたいイメージを持って練習していくといいんじゃないかな。自由に弾いていいから。」

・・・イメージあります~!!
・・・自由に弾けるほど、指が付いてこられればいいなぁ




・・・・・・




ピアノとどう向き合ったら良いのか、いろいろと迷いが生じていたのですが、これからの方向性が見えてきました。
(地味で時間がかかる道を選びます~

それについては・・・また、時間のある時にお話しさせて頂きますね。





ではでは~
皆さま、どうぞ良い年をお迎えください☆
スポンサーサイト

初シンフォニア ①

一昨日のことですが、レッスン、行ってまいりました。




クリスマス・イブで、無事、年内の仕事も終わり・・・ピアノも解禁(笑)


ピアノって、楽譜を読むだけでも頭を使うし、優先順位を考えて時には休むことも必要かもしれないなぁ。

ヒマでヒマでどうしよう?!
・・・となるかと思ったら、家のことをしたり、仕事をしたり、家族との時間をとったり・・・で、充分に24時間使えるものですね。

日頃、やりたいことをギュウギュウに詰め込んでしまっているのかも(^^;
でも、ホントはも~っとやりたいことがあるんですけどね。




解禁後、久々に弾いたピアノは、音が違って聴こえました。

もしかして、サイレント機能を使って練習していた時に、耳を酷使していたため、聴こえが悪くなっていたのかもしれません。。
これまでにヘッドフォンを4,5個は壊している(コードが切れてしまって)ので、イヤホンタイプで我慢していたのですが、ついに電気屋さんでヘッドフォンを買ってきました。
高価なものではありませんが、音が柔らかでびっくり!

難聴になる前に買って良かった~~(汗)



年末ですから、年賀状を書いたり、お正月用の買いものをしたり、大掃除したり。
なにかとありますが。

今年の大掃除BGMはバッハのイタリア協奏曲とシンフォニア。
それに、ポリーニのショパン・エチュード。


昼間は動きまわって、夕方に、生音で練習することを心がけました。

特に、シンフォニアは生音でないと、聴き分けにくいのです。
短時間しか弾けないのですが、サイレントで弾いても結局は修正しなければならないので。



それに加えて、「別れの曲」もどうにか通して弾けるようにしていきました。

館通信 vol.2

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

休むぞ~~

おはよ~~ございま~~す!
・・・ん?今、夜か?!



休日になった途端、激しい吐き気に襲われ、熱が出て寝たきりになっておりました~。
身体が休め~~って言ってるんでしょうかね。



明日から数日間は、ピアノ休業します。



うん。ずっとじゃないんだから、ガマン、ガマン。



自分のやりたいこと、ぜ~んぶ手に入れようとして、仕事に穴開けたりしたら、周りの方に迷惑かけるだけだもんね。




 
 
・・・あ~ん、、、電車の中、ヒマだなぁ。。。
・・・楽譜がないと禁断症状おこしそう~~。

12月は同じひと月でも、ビュビューーーンッと時間が過ぎてしまうような気がします。
年末の気ぜわしさ、クリスマスのウキウキ、年始の準備・・・。



今週は予定外に仕事が入って、クリスマスまで毎日出勤なんです~~~♪
(日曜だけはお休みですが、家が大変なことになってそうで、1日お掃除でしょう~。)


仕事して喜んでるっていうのも変なんでのですが、猫の手程度だとしても、お声がかかるというのは有難いことでして、実際、すご~く楽しいのです!
ハードなはずなのに、普段よりも疲れないのですよ。
これがずっと続くと、それはそれでストレスもたまるのでしょうけどね。
なんだか新鮮~~♪♪




もちろん、先日、曲を決めた時にはこんなことになるとは思いもしなかったのです。
わかっていたら、もっと無難な曲選びをしていたカナ。。。



でも、やっぱり弾きたい曲だし!!



練習時間が取れないので、通勤時間に楽譜を読んでいます。
指も動かしたいけど・・・電車の中で、それは怪しすぎるので我慢~。



時間がたっぷりあれば、それに越したことはないのですが。


弾ける時間が5分でもあれば、
何をするか?
どういう練習をするか?


こういうことを考えて、
実践する良い機会ですよね!!




・・・な~~んて、思っているのですが、今のところは


レッスンが近くなると、慌てるかな?





さてさて、明日も早いので寝ます~~。

おやすみなさい

ワガママだなぁ・・・ ③

「月光」も方向性が定まっただけで、これから~!なのですが・・・
もうひとつ曲を増やすことに。




前もって考えてはみたのですが・・・
具体的な曲名を挙げたくても、「これ!」というのが思いつかなくて。。。

弾いてみたい曲もあるにはあるのですが、それがそのまま『=レッスンを受けたい曲』ではないのです




またまた、奇妙な私の要望をお伝えしますと・・・



しばらく考えられた後。。。



バッハの「シンフォニア」とのご提案



おぉ!
全く考えていませんでしたが、ぜひともやってみたいです。

そして、シンフォニアの13番に決定~~。





曲も決まったし、さて帰ろう~~と、レッスン室のドアを出ようとした時、

「ショパンもやろうか?」と、師匠。




いえいえ、「月光」もまだまだですし、初めてのシンフォニアですし、充分です~~~。




・・・とお断りするのが、理性的な人でございましょう。






しか~~し!

私はその場の思いつき、勘と感情に生きる人間。

当然のごとく、

「はい♪」とお答えしましたよ。







しかも・・・ずうずうしいことに

(以下、オレンジ色は私の心の声です。)




「ノクターンは?」

「ん~~、今あまり。。。まったりのは、ちょっと。。。」
(候補に挙がった1番も弾いてみたいと思っていたので、少し心が揺れたけど。)
 

「動きのあるもの?・・・エチュードは何をやったんだっけ?」




・・・エ、エチュード。弾きたいぃぃ~~


「・・・別れの曲は弾けないでしょうか。」





「今言ったのと矛盾してるじゃない?(まったり系でしょ)」


・・・ん。でも。。


「エチュードなら良いわけ?」


・・・頷く。(ひゃはっ!すごい!!大当たり~~)


ワガママだなぁ~。・・・いいよ。それにしよう。」






あは、ワガママ。。。その通りでございます~(^^)

これはですね。ぜひレッスンを受けておきたいと思っていた曲の一つなのです!
10-1で躓いているので、言い辛かったんですよ~。





家に帰って、冷静になってみると・・・

これは何気に結構なボリュームですよ。


バランスは良いと思うんですけどね。
バッハにベトベン、それにショパン。。




でも、どれもこれも弾いておきたい大事な曲です。

がんばろ~~~!!!

ワガママだなぁ・・・ ②

さて、レッスン。


「月光」としては2回目ですが、1楽章と2楽章は初めてです。

これだけで時間いっぱいになりそうな予感(ページ数は関係ないだろうと。。)がしたので、1,2楽章を続けて弾かせて頂くことに。


ところが、1楽章を弾き終えたところで止められました。

通常は長~いソナタでも最後まで聴いて下さるので、これはよっぽどの場合なのです。。。




最初から再び弾いていきます。


今日はお手本は弾かれずに、言葉で指示されるだけ。

それも、どこをどうという言い方ではなくて、「Ⅱ度7・・・ドッペル・・・」と言われるだけだったり、
和音でとってみてから楽譜通りに弾くように言われたり。


前回、言われたばかりでしたよね。
「わかっていても、音にあらわれていない」と。

気づき→意識→実現(音に表せるか)
・・・ができていないんだろうなぁ。



家での練習って自分に甘くなったり、ここまで注意深く弾くことも、聴くこともなかったりするのではないかな。



それにしても・・・教わらなければ全くわからなかったようなことだったら仕方がないと思えるけど、
・・・うぅ、こんなこともできていないなんて~~~。




弾きながらズブズブと地球の裏側まで落ち込んじゃいましたよ。



途中からは、師匠もお手本を弾いて下さったので、膨らませ方、次の音へ行く微妙なタイミング、細かいペダル使いが、よりわかりやすくなりました。



2楽章。。。


アーティキュレーションを守ること。
左がスタッカートの部分は、右の内声もそれに揃えると、整然と弾ける。
ペダルを入れられない所(部分的にスタッカートがあって)は、繋げる指使いを工夫する。

『指遣い』→→その場で考えさせられました
       これからは、できるだけ自分で考えるようにとのこと!


2楽章は1番難しい~~そうです。


う~~ん。確かに!



やはり、1,2楽章だけで、すっかり時間オーバーです。

ワガママだなぁ・・・ ①

レッスンでした。

前回から10日足らず。



仕事のない日は、面談のために子供の学校へ行ったり、友達とランチしたり♪

こういう時間のない時に限って、なぜかマフィンやスコーンを焼いてしまったり^^;



マフィンは「おから」入りで、口当たりも味もやさしい~感じ。
スコーンは日曜の朝食用。。。ふんわり泡立てたホイップと春に作って密閉してあったイチゴジャムを添えて。


・・・バタバタしているから、なおさら、手作りのものを身体が要求するのかも。






練習の方は、1,2楽章+3楽章。


「月光」って、聴くだけだと気付かなかったんですけど、ページ数にすると偏りがあるんですよね。

最初にふぅふぅ言って譜読みした3楽章は、ヘンレ版で10ページ。

ほっとして、1楽章に戻ってみたら、3ページで。2楽章はなんと1ページ。



2楽章は聴いていても確かに短いですけど、1楽章ってこんなに短かったんですね~。
(だからと言って侮れないですけど。)



1と2をきっちり!と思いつつ。
そう、こういうものこそ自分で弾けるようにならなきゃ~と思いつつ、やはり3楽章も気になってしまって。
取りあえず和声分析はしたのですが。。。



あぁぁ~~~!!!

もっと、1,2楽章に時間を割くべきでした(後悔!!!くぉ~~かいぃ~~~!!!)

冒険

ん~~~~~。

何か違和感があるなぁ。。。






レッスンでは、冒険してもいいんじゃないかと言いましたが・・・

実際・・・心から弾きたいと思っている曲は、無謀な曲だとしても、むしろ舞台で弾きたいと思っているのです。

恐ろし~~く苦労しそうですが、いざという時のために取っておきたいなぁ~、なんて。





そういう時のレッスンの方が目指すところも違って楽しい(=充実してる~)と思いますし♪



苦労すれば苦労するほど、同時に楽しくて、ますます愛着も湧いてきて。
後々も、思い出深い曲になっていくんですよね~。





でもでも・・・・・・
大切に思うあまり、弾き時を逸してしまう恐れもあるのではないでしょうか?!


挑戦すると失敗するから臆病になっていたこともあって、
地道にやっていこうだとか、無難な曲でまとめようだとか考えたのですが、たいして変わらないんですよ。



普段からチャレンジ曲も弾いていかないと、弾きたい曲にいつまでも辿りつけないような気もするんです。




だったら、本番なら尚更ですが、普段からジャンジャカ冒険しちゃおうかな~~、と思うのですよね。






中途半端で不完全燃焼よりも
当たって砕けた方がいいわ、と。




今はそんな気分。。。(変更の可能性も有り!(笑))




。。。となると、次のロマン派は
。。。思い切ったことしてみようかな。。



。。。それとも、曲調は好きだけど弾くのは苦手系を丁寧に仕上げようか・・・



う~~~ん。悩みます。

音楽わかってるじゃん?! ④

終了後・・・




「思ってたより苦戦してるね~。」
と、最初に言われたのと同じことを言われました。




でも、すかさずお答えしましたよ。

「(これで)いいんです!だって・・・『苦労しそうな曲がいい』って言ったら、先生が選んで下さったんじゃないですか。」



前回のレッスンで私が希望した曲の条件は苦労しそうな曲なのでした~~~



あはは~~~^^
理由はイロイロなのですが・・・


苦労した分だけ乗り越えた時の喜びも大きいし、レッスンで得られるものも多いし、たとえそれが上手く行かなくても次に繋がるからなのです。
どこかで弾くつもりなら、あまりに大きすぎる冒険はできないかもしれませんが(でも、けっこうやってたりして~)、レッスンだけならOKでしょう~?

今、自分に足りないものや苦手とするものを弾いていきたいなぁ、と思うんです。

(あれ??足りないものだらけかも?!)



今回も、最近私が一番気になっていることを指摘されました。


「和声に関する意識が薄いんじゃないかな。わかっているのかもしれないけど、演奏に表れていない。」


・・・ホントに!!!できるようになりたいです。。。。。





今後のロマン派の曲の候補も出ましたが、
(なにやら無謀な曲もあったり~~)
とりあえず、次回は1,2楽章。




・・・またまた、時間があまりないのですが、譜読みからスタート・・・
・・・さて、どうなるかな。。。

音楽わかってるじゃん?! ③

師匠流の工夫された指使いや(「今、思いついた!これ、すごくいいよ~」なんていうのもあったり(笑))、
ペダルの入れ方などを教わりながら、お手本の後について弾いていきます。


一回目なので、和やかでスロー・ペース。



その他、やはり、、、和声を意識しながら弾いていくことを注意されました。

・・・考えていない訳じゃないんだけどなぁ~~。。。




そうして、ようやく最後のページへ。




「そうそう。さっき弾いた中で、次の1小節だけは良かった♪」





・・・えっへ~~~♪




「音楽わかってるじゃん?!って思ったよ。」





・・・きゃふ~~♪







・・・え~~、月光の楽譜をお持ちの方は、188小節目をご覧ください。



・・・はい。ファのダブルシャープですね?








そうです。その小節に書いてあるのはたった2音!
左手オクターブでとる『全音符』なのでした~~~

つまり、左手でゴ~ンと4つ伸ばすだけなので~す。







「うぷぷ・・・これだけ。」
いや~~~、笑いが止まらなくなってしまいましたよ。




・・・さすが、師匠!!
・・・私の渾身のオクターブの意を酌み取って下さってうれしいわぁ~~~♪


音楽わかってるじゃん?! ②

さて、レッスン。


月光3楽章の1回目。

まず、通して弾きます。



・・・う~~ん。。。

一応、全部誤魔化さずに弾いた…というだけで、ボロボロでした。
何回弾き直したかわかりません。

途中で、自分から弾くのをやめようかと思いましたが、
ふらふら~よろよろ~~と・・・なんとか最後までたどり着・・・い・・・た。。。



ふひぃ~~、我ながら史上最悪。
・・・我が歴史を塗り替えました(爆)




「・・・・・・・・・・。」

「すみませんっ。」



謝ってはいけないというオキテ?があるらしいのですが、これが謝らずにいらましょうか~。





「これは大変だな。想像してたより苦労してるみたいだなぁ。。。」


「・・・ところでワルツ1番はどうでした?」
・・・とふいに話題が変わり、先日のオフ会でのことを質問されました。



「弾いている時はすっごく楽しかったんですが・・・イロイロ、、あんなことも、こんなことも、ほにゃらら・・・・・で。」

さらに、「コーダは?最後まで苦労していた所は?」と結構細かく聞かれました~。

録音もしていないし、私の感覚的なものでしかお答えできないのですけれど、正直にお話ししましたよ。
作っちゃったり、端折ったりしたり、ぐちゃぐちゃだったり・・・とか。


苦笑されてましたけどね~~。




さぁ~て♪♪私の失敗話和んだところで、月光に戻ります。




隣のピアノでお手本を示されながら、説明して下さいます。



・・・あららん、、、冒頭からして、まるで違うわ~。




速く弾くことを想定して、確実に鍵盤を捉えられるようにしないといけないと思って練習していたのですが・・・

指の使い方も腕の使い方も、予想とまったく違っていました。



・・・・・・


後で師匠ともお話ししたのですが、一人一人違うんじゃないかな~~と。

ホロヴィッツもグールドも、見た目、「ほぉぉ~~??」みたいな弾き方だったりするけど。
音も音楽の作り方も、幾通りもあって。

「それぞれが、その人の音楽だよ。」と。


・・・・・・




でも私には、目の前で聴かせて頂いた師匠の音が、すぅ~~っと自然に入ってきて
「あぁ、この音がずっと聴きたかったんだ~~と思ってしまいました。


ムリのない解放された音で、それでいてしっかりベートーベンしていて、バランスのとれた豊かな響き。。。





実のところ、悲愴の1楽章の時と似たような音形があるので、その応用で弾けばいいかな~と思っていたのです。
ところが、初めて教わるテクニックが次々と出てきて、戸惑ってしまいました。


・・・これは、早めにレッスンして頂いてよかったわ。
・・・いくら考えても、思いつきもしなかったもん~。




・・・・・・

③へ続きます。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。