ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンフォニア13番 4回目 ③

次は月光。


全楽章弾くかどうか迷います。。

「どれ(どの楽章)も仕上げのつもりじゃないの??」
と言われてしまいました。




うむむ。。。バッハに追いやられて、少ししかレッスンを受けてはいないのですが、始めてから2ヶ月以上だからなぁ~。

必要なものは一通り教わっているような気はするけれど。。





ともかく、行き詰ってどうにもならない3楽章を見て頂くことに。



すると、和音の度数を答えたりしているうちに、私が準固有和音を知らない事が発覚!!

本で読んだり、どこか(さてどこかな~?)で聞いたことはあるけど、師匠から説明を受けたことはないのですよ~。



和声学の本を読んでいても「ふぅ~ん、だからそれが何??」となっていたのですが、
実践の中でやっていくと「ほほぉ~~!」と、やっと納得できました(今更ですが^^;)

和声への理解が深まると弾きやすくなりますよね。



その他、隣で同時に弾いて下さったり、練習方法を教わったりしました。



最後まで見ては頂けたのですが。。

困ったなぁ。



バッハを始めたのに、今までと同じかそれ以上のペースで仕上げていくことを要求されてしまう。。

確か去年の今頃は、悲愴の1,2楽章だけをやっていましたよ。
それでも、苦労したっていうのに。。




さらに。





「次を決めておこうか?」

「無理です。」(断るの3回目)

・・・バッハだけでも時間が足りないぐらいですぅぅぅ~~~!!!


「別れの曲もほとんど弾けるでしょ。」

・・・どれもこれも中途半端なんですぅぅぅ~~~!!!



「エオリアン・ハープは?」


・・・ヤメテ~~~!!私にショパン・エチュードを勧めるのは。
・・・弾きたくなっちゃうから~~!



「ね?他と曲調が重ならないし。」




「・・・やります。」




「じゃ、決まり♪『別れの曲』より弾きやすいと思うよ。」




・・・いや~~つい、うっかり。。。
・・・勧められると引き受けちゃうって・・・私、このパターンが多いような気がしますよね。。



・・・ピアノだけです。
・・・実生活では気をつけます~~。
スポンサーサイト

シンフォニア13番 4回目 ②

3週間ぶりのレッスン。




まずは、いつものようにシンフォニア。

13番、4回目です。



通して弾きますと・・・・


「まだ聴けていない所がある」とのお言葉。



はぅぁ・・・・。



どこからでも暗譜で弾けるぐらいに弾き込んでいたけれど、
ご指摘を受ければその通りで。



つなげるべき所で切れてしまっているのは言語道断で
音色、音質
3声のバランス、
ハーモニーを感じながら弾いていくことなどなどナドナド・・・



音を聴ければ、できること
聴かなければ、できないこと

ホコロビがあちらこちら。。。





最後まで細かく細かく丁寧に見て頂きましたが
出来たとは言い難く。



「う~~ん。。。もう長く弾いてるんだよね。」
という理由で上がりにして頂けました。


「次の曲を弾きながら、勉強して行きましょう。」と。。




もちろん「わ~~い!」という気分ではなく
ホッとしたでしょ?と言われたけど、それとも違って。




これから先どうしよう?!・・・かな?(苦笑)





ただ真面目にやっていればできるものでもなく

「身も心も入れ替えました~~!!!」
っていう所までやらないと、付いていけないような


果てしないものを感じます。

シンフォニア13番 4回目 ①

レッスンでした。




はふ。。
もうぐったり。

復習は明日にしよう。。。



もぉぉ。
あり得んな。

なんでこんなにできないんだろう。







完璧に弾けるようになってから、上がりにさせてあげたかったのに。
って・・・


私も、そうありたいと思ってた。




でもねぇ。。。

隅から隅まで・・・は容易なことではないのでした。




いやいや、「だって・・・」の言い訳はナシ!!



次の曲で挽回するぞ~!!!

また食べたい

よかったぁ~~
喜んでもらえて。


昨日、夕飯作りの前に、サササッと作ったマフィン。
15個分ラッピングして、1日遅れでお世話になっている方に渡しました。



ベースになる生地の配合は参考にしているものから
自分流に少しアレンジ。


で、も少し甘みが欲しかったかな、とか
しっとり感を出すものを入れた方が良かったかな、とか。。
反省点はあるけれど。

冬だからバターも扱いづらいし、こんなものかな。




なにより、手作りならではのホッとする味が伝わればいいの。
おいしいものが豊富にある世の中で、
身体が最後に求めるものって、人の手によるほっこり感じゃないかなって思う。



手作りっていうだけで、誰もがホコッと和んで、
すぐにパクッと食べてくれて、


おいしいですっ。
あの時のあれもまた作って下さい

・・・ってリクエストしてくれるのは最高に嬉しいよ。



そうだな~~。
あれを、またちょっとアレンジして、
カリッとした触感を加えるとか。
味のバリエーションを増やしてみるとか。。

中に入れるものをプラスしてもいいし、
トッピングに工夫を凝らしてもいい。


そうだ!、、、こうしている間に一つのレシピからいくつもアイディアが浮かんできちゃう。



なんだか
ピアノって私に一番向いていないモノのような気もしてきたりして。

あれこれ試しても
一個もおいしいっていうか
食べられるようなものができないもんなぁ~~~。



・・・・・・


あの時の、作ってほしい、って言われて、

うん。
あれは私もけっこう気に入ってるんだ♪

って言えるようなものが




1曲でも持てないかなぁ。

シンフォニア13番 3回目

雪が降りましたね~~。
明日は早めに家を出ないと、電車が心配だなぁ~~。




さて、下書きしておいた記録なので、先月の末のことです。。


・・・・・・



2週間ぶりのレッスンでした。



るるる~~♪シンフォニア13番も3回目~。

今日はさくっと終わって、「別れの曲」の方をたっぷり見て頂けるかなぁ~~。






わ。。




え。。。




ぬ。。。。




そこまで・・・


うぬぬ。。。




同じところを
できるまで何度も何度も弾き。





これもか。


こっちもか。。。









ハ~ドルが
前回よりも高く設定されているのは

当然と言えば当然で。



それに対応できない
自分の不甲斐なさを感じたのでありました。



シンフォニアだけでレッスン時間の大半を使ってしまったのは、前回と変わらず。

結局、この日は上がれませんでした。









。。。シンフォニアに取り組むと決めた時のこと。。。



「誰でも通る道だし・・・」


「チカラ付くと思うよ。」




「ただ・・・辞めたくなっちゃうかもしれない。」





うっは、そりゃ一体どんなレッスンですかいな??と、半ば冗談で受け取りながら始めたワケですが、
なるほどな~~と納得したりしております。






シンフォニアも「別れの曲」も、、、前回よりは良くなってるとは言って頂けたけど、
比較の問題であって。

到達すべき地点は、はるか遠く。










・・・100あるところの90までは誰でもできる。・・・
・・・その上を目指す人はなかなかいないし、できる人も滅多にいない。・・・

師匠のそのまたお師匠様が仰っていた言葉だそうです。




そこを目指してみるだけでもいいんじゃない??





レッスン中とは打って変わって穏やかモードの師匠が仰いました。




こんな出来の悪い私に対してでさえも、突拍子もないようなことを言って下さるのが我が師匠なのでして。

90にも行けるかどうかはともかく・・・
この非日常がウレシク、有難いことだなぁと思うのです。




でも

大変。。。



でも

楽しい。。。




でも

大変。。。



でも

楽しい。。。




あぁぁ~~~~、どっちなんだ~~?!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。