ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒント

>拍手コメントさま

(返事はいらないと言われそうですけど(笑))
今年は心静かに弾き籠ろうとしていたのですが。。
本能に「燃」が宿っているのでしょうかねぇ。「萌」じゃないですよね?


曲は新境地・・・かな?

この系統はあまり弾かないのですが、ず~~っと前に1曲だけ弾いたことがあります。

その最後の2ページはピアニストの快感のために作曲されたとか?!仰っていたような(爆)
そうだ!これも別レッスンをして頂いたのでした。
なつかしい~~。


そのシリーズ?曲集に入っているものの一つです!
スポンサーサイト

チャリティー・コンサート

昨日は、栞さんのコンサートへ行ってまいりました。

栞さんと同門のEriさん、お二人のピアノを聴かせて頂きましたよ♪


ティー・ルームの一角におかれたピアノ。
ゆったりとくつろいだ雰囲気で演奏を聴けるなんて、なんとも贅沢です^^



開演とともに、お客さんの間を通り抜けて現れた栞さん。
大人っぽい黒のドレスがとてもお似合いです。

思わず私も「わぁ~~、ステキ☆」と言ってしまったのですが、
いわゆるコンサートの始まりの張りつめた空気ではなく、『栞さんに会えてうれしい、これからの時間が楽しみ』という気持ちが客席いっぱいに広がったような気がしました。


ハイドンのソナタ。
ショパンのノクターン8番。
英雄ポロネーズ。


無駄のない動きで弾かれる音が、目の前の楽器からダイレクトにそして心地よく聴こえてきて、なんとも幸せ~~。
残響の多いホールとはまた違った魅力で、ピアノそのものの音を楽しめました。


私の位置からは指先も足元も良く見えたので、その整った粒立ちは?きらびやかな音色は?ダイナミックな音は?・・・と解明しようとしたのですが、

・・・残念ながらできませんでした(笑)

とにかく、すべての音がふさわしい音色や音量で細やかにコントロールされているのです。


以前もそうでしたが、栞さんが弾かれると、知っている曲でも「あ、ここにこんな音があったのだな」という発見があります。
英雄ポロネーズでもダイナミックさに注目してしまいがちですが、mollの陰りがあってこそ輝かしさが際立つような気がしました。
道端にひそやかに咲いている素朴な花を愛でるような、丁寧な音の扱いにドキッとしてしまいました。
・・・なんだか、これって栞さんのお人柄そのものなのではないかしら?



栞さんの演奏が終わると、お茶の時間♪

ベイクド・チーズケーキと飲み物を前に、お近くの方とお話ししました。


久しぶりにお会いできたお友達としばし談笑。
楽しかったです♪♪ありがとうございました。


後半はEriさんの演奏。


こちらも素晴らしくて、その華麗なテクニックに目が釘付けになりました。

個性の違うお二人のピアノを堪能させて頂き、本当に楽しい時間でした。


ステキな演奏会をありがとうございました

熱い夏へ突入

>拍手コメントさま

コメントありがとうございま~す。

そうそう~~!
有給休暇の略なので、どっちの「きゅう」を選択するか迷うんですけど~~
うちの職場では「休」って書いて下さいー!と、言われて、私も修正液で直したことがあるんですよ~。
なので、よくわからないけど、今回は「休」にしてみました^^

実際、休みを取れればお給料もらえなくてもいっかぁ~、なんて思ったりもして!!


・・・・・・・



さて、思い切って行動してみました。

「行動」という割に、ちんまりした「動き」なのですが。




師匠にメールしました。


友達ならいざしらず、師匠に・・・というのがものすご~~~く緊張するので、ふだんは滅多にしないのです(笑)

何を恐れているのか自分でもよくわかりませんが、受信して開いてみる時も、目をつぶってますよ。
・・・目を開けなきゃ読めないんだけど(笑)



というわけで、心臓バクバク言わせながらお返事を待ちまして。





そうです。
闇練からレッスン曲へと昇格させようということについてのお話です。


これが、ちょっと訳ありなのですよ。。。

えっと、、、言っちゃおうかなぁ・・・・・・


続きを読む »

迷う

譜読みしてみた曲。
素直な音並びなので弾くことはできるのですが、ここからどう形づくっていくのかが問題です。


退屈で眠らせちゃいそうなんですよね~。
>どこかで弾く予定があるわけではないのですけど。


いい曲だな~~と思ってるわりに、自分で弾いて表現できないもどかしさ。



これはやっぱりレッスンを受けるべきなのでしょうか?




う~~~ん。
どうしようかな。

許可?


有休届

理由:譜読みのため





出してみた~~い!!

チャレンジ期間

レッスンの曲もおろそかにしませんから。。。

少しだけ。

1週間だけ。

時間をください。



それで弾けなかったら今回は諦めます。




どうしても弾きたくなってしまった曲があるんです。

ある目的のために。



これが弾けたらどんなにいいだろう。。


難しい部類に入るらしいけど、もうこの曲しか考えられなくて。


どうかチャンスをください

偶然に触った音 ③

自分で弾くと何が何だかヘンテコな曲になってしまうシンフォニア。
目のつけどころ(耳?)が違うのか、目指すところも間違っているのではないのかという気がするのです。



すると、師匠が練習方法をアドバイス下さいました。

・・・・・・
2声ずつの練習(3種類の組み合わせ)をよくよくしてから、3声で弾くのは一番最後に。
2声ずつの練習も、通すのではなく一部分を取り出してして。
時にはペダルを思い切り踏んでロマン派のように弾いてみるのもいいかも

バランスの取り方は、ソプラノやテーマ以外に、見せたいモチーフを見せたり工夫する。
・・・・・・



当然のことながら、ミラクルな方法があるわけではなく、地道に?ですね。

2声ずつの練習・・・やっているのですけど。。
なんにしても、やればいいってものじゃないですし。。

『正しい判断を自分の耳でできるかどうか!』がポイントですね。




こうなったら、一旦ぜーーんぶバラバラにしてみようかな。
どれだけ時間がかかっても、自分で「聴ける」ようにならないと「弾ける」ようにはならないですものね。

偶然に触った音 ②

レッスン。

シンフォニア 12番 (2回目)
ショパン エチュード Op.25-9 (1回目)
ショパン エチュード Op.25-1 (4回目)





シンフォニア。

前回より整理された分、できないところが浮き彫りになっている。



25-9。

大変そう。
4小節ずつ取り出して練習すること。


25-1。


ペダルを踏みかえすぎてもいけない。
音色を選ぶこと。





「あまり綺麗じゃないな」とのご感想から始まったエオリアン・ハープ。
以下、師匠のお言葉のみ並べてみました。


☆☆☆

みなさんには分かりづらいと思うのですが・・・
何小節目がどうこう~と書くよりも、
私にとっては、レッスン内容が鮮明に思い出されるのです


☆☆☆

続きを読む »

偶然に触った音 ①

またしても、上がれませんでした。
Op.25-1。



みっちりレッスンして頂いた後

「じゃ、次回も。」

と言われて

ちょっとショック。





もちろん「ふふん♪これで完璧さ」
と思っているのでは決してないのですが、

「あと一息」という言葉に安心してしまっていたんだろうなぁ。。




自分なりによくやってるじゃんって
勝手に妥協ライン引いてたのかも(救いようがない~)




ま、打ち切りよりはマシですし。
次回のレッスンまでに猶予を与えられたわけなのですけれど。

そもそも時間があったからといって、要求されているレベルまで私が到達できるのか?
気弱になってしまいまして。


「前回も、その前も『次は仕上げ』って言われてたような気がします~」とぼやいてしまいましたよ。





「ん。でも、まだ硬いから。」

・・・様々な音の処理、ぺダリング・・・スムーズにできていない。。



「次回できていれば上がりにするし。そこでダメならまた2週間後。」




・・・そうですか。。。



・・・そうだよね。




・・・できるまでやるに決まってるじゃん!




・・・「ドコマデやったらユルシテもらえますか」
なんてツブヤイタ私の浅はかさ。。。ふぅぅ

バラの続き

一番信頼している人の心の中が読み取れなくて
不信感まで抱いてしまっている状況が辛い~~。


どんなに大変でも、忙しくても
理解してもらえてると実感することが
やる気・パワーにつながるのではないかと思うから。



内心ひどく落ち込んでいて、
日々、ふとした拍子に涙ぐんでしまうのですが

触れあう人達とは、一回一回できる限りの誠意をもって接していきたいなぁ、、と。




なぜだか・・・
昨日から何人もの人たちにとびっきりの笑顔をもらっています。

何気ない言葉がうれしい。

飾り気のない言葉で充分。



もちろん今の私の落ち込み具合なんて知らないままのはずですが、
ありがとう♪
と何度も言っています。



今日は職場で「かっこいい~」と言われてしまいました(笑)

まったくもって、な~~~んてことない作業なのですよ。
人によっては飽き飽きする~、つまらん~~というようなものですよ。


でも、誰がやってもできそうなことを、いかに手早くきれいに正確にしあげるか、
私なりのこだわりを持ってやっているので、

ものすごく嬉しかったです。


ありがとね~~!







苦しい時でもあるけれど、
これ、乗り越えたらすごいじゃない?!

今だからこそできることってあるんじゃない?!

チャンスなんだよ!




・・・とは、もう一人の自分の心の中のセリフ。




うん。
がんばろう。

一人じゃないんだから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。