ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝えたいこと

物事は小さなことの積み重ね。

コツコツやることの大事さを
皆わかっていても

そこには触れないだけ。


目立つことをしていなくても大丈夫。

それを支えるために
黙々と耐えてきた人を
私は知っているよ。




不安に思ったり
できないと思いこんでしまう気持ちが

分かりすぎるほどで。


もっと早くに話し合えれば良かったなぁ・・・と。




でも。
後戻りはできないし、

する必要もないから!



必ず道は開けるから。


相応しい道が待ってると思うから。




今までありがとう。
スポンサーサイト

レッスンでした。


要求されたこと。
何もできませんでした。



スケールとカデンツ。
覚えて弾くことができても
問題はその先なのでした。




バッハも少しは慣れてきたと感じていたのに
全然ダメだーーー。

今までと指摘される内容が変わったような?




これが基礎という名の洗礼なのかもしれませぬ。。

見えない糸

準備不足もいいところだー。

困った。



単純に

コツコツ単純に練習すればいいようなこともやっていない。






心が離れちゃったからかなぁ・・・。


他に気持ちが向いているからかなぁ・・・。






離れたと言っても
まだ完全に切れてはいないと思うけれど。




突然すっぱり決断しちゃったりして。。

ハサミでサクッと糸を切っちゃったりして。。






結論を急ぐのはやめよう。

・・・と何度も自分に言い聞かせて。





白黒はっきりさせなくてもいいこともある。

・・・これまた何度も言い聞かせて。





はっきりさせたい人間だからなぁ。
もや~~っていうのが耐えられないからなぁ。





困ったものだ。

???

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

遊びが1番! ③

続きはとっくに書いてあったのですが、
思うところあって、少し変更しました。
「オチ」も消したので記事の題名と繋がりませんが、気にしないでください~~。


・・・・・・



新しく加わったのは・・・

『スケールとカデンツ』です!





おぉ!!スケール大好きだ~~~♪♪
カデンツ…これぞ人生の喜び!






・・・だったら、宿題にはならんわなー。

大の苦手なんです。
過去にチャレンジしたことがあるけど、とにかく覚えられない!!



新たなことをやるのは大好きなので、いつもなら「がんばろう~~^^」の反応をするところを。。
この日は、とにかく「え゛。嫌だ」の顔をしてしまいました。


一度に全部じゃなくていいから。
でも、最終的には24調ぜんぶ。



ということなので。
やってみることにしました。




少しずつ覚えていっても、前に覚えた調をどんどん忘れそう??

・・・まぁ、そうなったら、その時また対策を考えることにしましょう~。





この日ちょっと驚いた師匠のことば



子供の時に身に付けないと…そんなこと信じちゃダメだよ。

・・・


この前、スケールやったことないって言ってたよね?
今から基礎をつければいい。



・・・


曲はだいじょうぶ。このまま続けましょう。



・・・


このままだと、どんな曲を弾いても何も感じないままに終わっちゃうんじゃない?


・・・


音楽を感じること。それがないといくら練習したってダメだよ




なぜ驚いたかというと・・・
私が最近、練習に行き詰まっていた時に思い悩んでた内容を知っているかのようだったから
(もちろん何も言っていません!し、ここにも書いていませんでした)


いくら練習してもできない。
どんなことをしても基礎がある人とは根本的に違う。
結局何を弾いても上っ面をなぞっているだけ。
ホントはこんな曲を弾くようなレベルじゃない。





そして・・・

以前にもありましたが、ホントにフシギ。



コリをほぐそうとマッサージしても、睡眠をとっても効果がなかったのに
レッスンの後には身体がすっかり軽くなっていました。。。

遊びが1番! ②

3週間ぶりのレッスン。

大人になって一生徒として何かを教わることのできる時間・・・すごく貴重だなぁ~と思うのです。
毎回のレッスンが待ち遠しいし、その時間を大事にしているつもり。。。




なのに。


弾きたくない。
気力が湧かない。

わざわざレッスンに来てピアノ弾きたくないだなんて、そんなことあるだろうか?!
熱があっても練習したいと考えてしまう私なのに、こんなこと信じられない。




気乗りしないままに・・・
シンフォニア1番。1回目。



いつも通りあちこちご指摘頂いて、次回へ持ち越し。






Op.25-2。3回目。



・・・はぁぁ。弾くのイヤだなぁ。。
聴こえてくる自分の音に嫌気がさすぐらいに、弾けないのです

どうしても弾く気になれず・・・とうとう「弾けないんです。」と言ってしまいました。



「ゆっくりでもいいから」と促されますが、やはり弾き始められません。
鍵盤に触れようとしては膝の上に手を下ろし・・・を何度も繰り返してしまいます。



ようやく通して弾くことはできましたが、ただ弾いただけという感じ。。

ペダルを濁らないように丁寧に踏むこと。
腕の重みを利用して鳴らして行くこと。


濁る濁る・・・と最近、ペダルのことばかり言われるのです。。
・・・でも、夢中で弾いてるし、なんかよくわからないー。




師匠のお手本の後について、実際にゆ~っくりで弾いてみると・・・


・・・そうか~!聴こえた~~!
・・・っていうか、今まで全然聴いてなかったんじゃないのぉ~~!>自分




右は腕の重みを利用して。

これまた、ゆっくりで。
師匠のお手本に続いて弾くと・・・


・・・あれ~?!弾けるよ?!

「そう。どの音も今の弾き方で鳴っていたから、それで練習してみて。」



なんだかホッとした~。
自分は何もできない・・・と、暗い気持ちになっていたから。




「しばらくこの曲弾いていなかったわけじゃないよね??さっきは1年ぶりに弾いた人みたいだったけど(笑)」

「すごーく練習しました(笑)」


練習の仕方って、すごーく大事!




Op.25-9。



「これは、もっと弾けてないんですけど。」

「全部弾いても1分ぐらいの曲だし、とりあえず弾いてみて。」


弾いているそばから、指示が入ります。

和音をきっちり鳴らす。
音を聴かずに先へ急がない。


「なるほど。。もしかして・・・すごく苦労して音を拾って、想像してるよりももっとたくさん練習して、やっとここまで・・・なんじゃない?」

「その通りです。見たんですか?!


見事に言い当てられました





そして、次回から新たな課題が加わることに。。

遊びが1番! ①

休んでいた分を取り戻そうと
練習したら、

疲れてしまった。


頭が疲れることはあるけれど、
こんなふうに身体がこわばるように疲れることはあまりない。


あー、なんだろう。
弾き方がおかしくなってるのかなぁ。



夜中も3時過ぎまで眠れず。。
こんな時って、ダメだなー。。考えも暗い。




寝不足のまま仕事はこなしたものの、その後、一晩経っても範囲の広い肩こりのような強張りが。
ピアノの前に座る気にもなれない。




そんな中、どうにかレッスンへ行ってきました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。