ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスンでした。
久しぶりというのが当たり前になってきていて、ひと月半ぶりなのでして。。。
こんなペースでも『通ってま~す』なんて言えるのかな~?

おまけに練習もできていないし!


なにしろ仕事が忙しくて、なにもかもぐちゃぐちゃなのでピアノという気分にもなれないのです。

レッスンも休もうかとギリギリまで迷いましたが、行くことにしました。



曲もいくつも抱えていましたが、直前に限定して練習するも。
やはり間に合わず。



呆れられるやら怒られるやら、しまいにはなぜだかフォローされるやら。。。



・・・こんなのイヤだよーーーーー

・・・フォローなんてしてほしくないのにっ。

・・・お客さん扱いされるなんて、カナシイ。
スポンサーサイト

お友達のブログやそっと訪問させて頂いているピアノブログを読んでも、自分がピアノ離れが激しいせいか、そわそわしない。。

そう。
以前は「あぁ、練習したい!弾きたい!!弾きたい!!!」と、ピアノ中毒のようになっていましたからねぇ。

今も時間さえあれば、、いや、時間よりも。
強くそう思える気持ち、学びたい!というような気持ちが強くなれば、違うのかなぁ。。



こんなことも私自身の変化なのだろうと思っていた矢先。
お友達の所で「いやいや、それは・・・」とモノ申すじゃないですけど、口出ししたいような記事が書いてありまして。
あっ、もちろん、そのお友達に対してモノ申す!ではないのですよ~(まさか)。
だって、その方は私の大事な尊敬するピアノ弾きさんのお一人なのですから。



ピアノを弾くにあたって重要なテクニックや知識も必要で、さらにコダワリ所!・・・ここは譲れないというようなものがあるじゃないですか。

一人一人個性があるには違いがないのだけれど。
基本的なレガートとはなんぞやとか、ぺダリングとか、ハーモニーとか。
どんな場合にも、最初に音を出す時はすでに音楽を意識している・・・無造作にボンっと物を置くような、『音が出てしまった・・・』ようなことというのはあり得ないわけで。

まずは発音する時、そしてその音がどのような響きを持ち、育っていくか、さらにはどのように消えていくか。
最後まで責任を持つように、と。

教わった、教え込まれたというのを思い出しました。




すでに懐かしい~・・・というのが悲しいですわ~~~。





いや、、きっと弾ける時が来る!!

弾きます。
弾きたい曲があるから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。