ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間不信。 以上。
スポンサーサイト

仕事であるとか
家事であるとか

様々なことをこなしながら、
本番を迎えることが

こんなにも過酷であるとは…



そして

私の譲れない部分をわかってくれた人はいたのだろうか。

いろいろ
限界


何で今さらそんなパス知らんのさ


挙げ足取る人に教えたくないし!!







狭いなーー
私の心。

論点はそこなんデスカ!?

と、問いたい。



もう何も言わん。



何も伝わらない。



どうぞお好きに。



……


ピアノのことではありません。
念のため。

キツイなーー


そこ、指摘されるなんてー




うーー

ガマン、ガマン…



きっと…

忙しくて、みんながギスギスしてる時期なんだ


次回のレッスンでピアノはやめようと思います。




基礎のない再開組の大人でも

やる気になれば遅いことはない。



音楽を専門にしなくても

子供の頃に

基礎と呼ばれることをして来なくても



同じ人間なのだから

少しでも求めるような音色で

音楽的に奏でることができるのではないか



無理だと言われても

自分が実験台になるつもりで

やってきましたが



終わりにします。




手遅れのようです(笑)

時間の無駄です。







続けてきたことに
後悔はありません。



あの時



…天国…
…涙が出そう…


他にも何度も何度も
暖かい言葉をかけて下さった○○さん、

ありがとうございました。


ご自身も素晴らしい演奏技術をお持ちで、アンサンブルの経験も豊富におありの○○さん…
お声を掛けていただいただけでも光栄なことでした。






効果的ではないシンプルな曲の方を
誉めて下さったこと、

その他の言葉ひとつひとつが
本質を見抜かれたようで

怖いぐらいでしたが

嬉しかったです。

















お世話になった皆さん

ありがとうございました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。