ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>拍手コメさま

まぁっ!そうですの?
・・・じぃ~~~っ

そんな・・・それは探ったうちに入りませんわ~。

私のは筋金入りの探り?!
間違えすぎてドロドロの新作ハーモニーを作り上げてしまいましたよ~~



・・・



さて2曲目も、
しつこくショパンです。

えぇ。
実はもう一曲練習中のエチュードもありますし、さらにもう一曲増やそうともしておりまして。
知らないうちにショパン漬け。
やっぱり好きなのかな~。



そうそう、2曲目のショパンはワルツです。
遺作のe moll。

これは前回師匠から勧められたもの。
他にもいろいろやり途中なので、負担にならない程度で短くて良い曲があるから~ということで。


でもね~。
いくら短くてもイメージ通りに弾けるかどうかは別なのでして。

頭の中で考えていることと、身体の動きと、バラバラ。

・・・あーーー、もどかしい!



単純なことも直せず、師匠のお怒りに触れてしまいました。


どうして、、、どうして。。。
楽譜に書いてあることができないのか。

読めないのだったら仕方がないけれど。。。





レッスンの後、「エチュードは前より良くなったよ」と言われてしまいましたが。。



良くなったとも思わないし、そういうフォローのされ方をしたくないですよ。

最近始めたヒトじゃないんだから。
こういうのでガックリきて、辞めちゃうとかしないし。




と、言葉で言うより。
次で挽回したいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。