ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何を基準にするのか?
何を求めるのか?
…なのかなぁ。

相手が何を言おうと、それはその方の基準なのだから一応受け止めておく。
自分は自分でブレない基準を持っておく。


とは言っても、ぐらつくんですよ~。
自信も実力もあるわけじゃないし。

昨年、ある場所ですごーーく有り難いお言葉を頂いたのですが、それが私の長年のこだわりポイントでもあり、小さな目標でもあった点を突いていたのです。
それを言って下さったのが、信頼のおける方だったので尚更
…嬉しく大事に胸の奥にしまうじゃないですか。

この方向性で間違っていなかったのだなぁ、このやり方で頑張ろう♪としていた直後…

レッスンで、まさかのツェルニー30番の提案!!ですよ。


あの、、、そんなに!?
そんなに弾けてませんか!?


もちろん、基礎からやるのは嫌いじゃありません。
むしろ志願してやりたいぐらいです。

ただ、あれはテクニック的にも音楽的にも完璧にするにはそれなりに時間もかかり、内容がわかりすぎるぐらいだから、いくらやっても傷が気になるし…
なにより、弾けたとしてもただそれだけと言うか。
ショパンのエチュードのような感動もない…報われ感動がナイ。

そんなんで、イヤですー!と拒否したものの、どちらも譲らず(笑)
「イジメナイから」とまで言われて、とうとう弾くことに。

まぁ、それにどこかでやらなきゃいけないと言う気もあったんだと思います、自分でも。
子供の頃もやったことないし、かつて師匠には1番と2番のレッスンを受けて挫折しましたしね。

にしても。
この後どうなるんだろう?
やるだけやっても変われなかったら、打つ手がないじゃない??


ま…困らせてみたい気もするのね、笑。

こんなに弾けないヒト、見たことないだろうし、続けていないだろうからね。


それはそれとして。

また別の場所では妙に過大評価!?を受け…

…戸惑います( ̄ー ̄)


私はそれほどの者ではございません( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)


……

色々書きましたが、今日はここまでにします。




スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。