ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦酒の行方は ②

祝合格のためのビールがかかっていますから、意気込みも違います。。

レッスンへ向かう道すがら、緊張感を落ち着かせようと飴を買いました。
包みを開けるとドギツイ紫色。
嫌な予感がしつつも口へ入れると・・・

まずいっっ!

なんだこれは?!

ミルク風味の梅味・・・・・・・!!



余計に気分が悪くなりました。
だいたいなんでこんなの買ったのか意味不明。







さてレッスン。

まず革命を通して弾きます。
本日2回目のレッスンです。



「(ペダルが多すぎて)なんだかすっきりしないな。呪いみたい。」

・・・くふふ、呪いですか~~~
・・・さすが先生。言うことが違う





低音でのペダルが多すぎるとのこと。


ペダルに負けないタッチをする部分、全く踏まない所、踏み替えで濁らせない工夫、
踏まない「つもり」の所→実は所々踏んでいる・・・などを教わりました。

両手でユニゾンで降りてくる所はもっとラクに弾けるはず、と。。。

まだ指に頼ってしまっているらしい、、、です。
できるようになりたい。。。



和声や音色に関しての注意は少なかったので、
もしかして・・・どう?どうですか?この辺で良しとしませんか?…

オーラを送ってみましたが、
残念ながら「もう一息」ということで、持ち越しとなりました。





あ~~~~ん、びぃ~るぅ~~~~
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。