ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一目惚れでした

始まりは・・・
私の一目惚れでした。



それまで存在すら知らず、友達との話題にのぼったこともありませんでした。
いえ、もしかして一度くらい耳にしたことがあったのかもしれません。
もしそうだとしても、その時は全く興味の対象ではなかったからなのか、これっぽっちの記憶もないほどに素通りしていきました。


私はドラマチックな展開が好きです。
明るさや平穏さに終始するよりも、暗さや翳りや葛藤、悲しみ、苦しみ、激しさがどこか一部にでも感じられる方がいい。
暗さの中の救いとか、明るさの中の翳りに心惹かれます。






お分かりだと思いますが、今度の曲(エチュードではありません)のことです。
たいてい曲を聴いてから、あるいは勧められたままに弾いて好きになっていくことが多いのですが、これは全く逆。
楽譜を見たのが先でした

ある時師匠にいくつか楽譜を見せて頂いたのですが、まさに一目惚れ

今までの私の好みとは少し違うのですが、なぜか惹かれる。

あぁ、ここ弾いたら絶対好きになる・・・
ここはシンプルなだけに厳選した音で・・・
こっちは苦労しそうだけどかっこいい・・・

パラパラとページをめくりながら「これいいですね~(うっとり)」と思わず口走ったほど。




ところが、そう簡単にいくわけがありません。
実際に自分で弾いてみると、楽譜から受けたイメージとかけ離れてしまうような気がするのです。


前々回のレッスンにはどうにかこうにか最後まで通して弾けるようにはなったのですが。。。

「この曲は一見易しそうにみえるけど、休符、スタッカート、アーティキュレーションを細かくていねいに見て、バランスを取っていくのは本当に難しいんだよ。」

・・・易しそうに見えましたぁ・・・。図星☆☆


そして、言われたのがですね。



踏むな!

歌うな!

サービスするな!




です。

今、それにのっとって、練習しております。



ありゃん?意味わかりません?
言葉の通りですよ~。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。