ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弾くのは私だからですね? ②

さてレッスン内容ですが・・・



あまりに弾けていないので、まずはワン・クッション置くために、
デザートどころのOp.10-1を見て頂くことにしました。

とは言うものの、遊び弾きしかしていなかったので、たいして見て頂くところもないのです。



弾き方のコツを再度教えて頂いただけで、あっさりとデザートは終わってしまいました。



・・・・・・・・・・・・・・・・


そして、メインどころに入ります。



まず一回通す。
これが毎回の儀式ですが、1ページ目の半分を過ぎた所で完全に止まってしまいました。

気持ちが入っている時、のっている時は、たとえ技術的に問題があったとしても強引にでも先に進んでいくことができます。
現に前回のレッスンの時もそうでした。
それに、この時止まってしまったのは、難所というようなところでもなく。。。
気持の問題と言うか、、、自信のなさというのか。。。


すっかりわからなくなってしまったのですよ。



この曲、どういう曲だっけ?
この先どうなるんだっけ?
今、どの辺弾いてるんだろう?


まるで迷子みたいに。




とりあえず音を並べただけの、1ヶ月前の頭に戻ってしまったようなのです。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。