ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弾くのは私だからですね? ③

続きを弾こうとしたのですが・・・

「ちょっと待って。緊張してるからかもしれないけど。。。この前言ったことに気を付けて、最初から弾いて。」


弾きはするものの、今度は師匠の声で止められます。

えっ??
そうじゃなくて最初の音は・・・
次は・・・
その次は・・・




できない・・・

できない・・・

なんどやってもできない・・・



一小節も進まない。
一音ずつ止められる。



このままでは、今日は8小節で終わっちゃうかも?!



「ち、ちょっと、、、どうしたの?この前の段階から精度上げてくると思ったのに、なにしてるの」
信じられないといった表情の師匠。



そうです。
ぜんぜん変わってません。
むしろ退化してますし。



前回褒められた所も、めちゃめちゃ言われましたし。


そこはそういうふうに弾くの?(違うでしょ)
音の大きさじゃない!
緊張感!
和音のバランスが悪い
音の扱いが雑
タッチが違う
音が聴けてない
音質悪い
アクセントが目に入っていないの?
リズムが崩れてる
拍子感がない
レガート、レガート!!指もできてないしペダルの入れ方も悪い
左の和音は切るけど右をつなぐためだけにペダルを入れるから・・・いや、それだと濁ってる・・・それだと右が切れてる・・・・・・・・
和声の変化を意識して。音の扱い方を変えて。


この曲はね、少しも大雑把な所があってはいけない。
楽譜をていねいに見て。
すべて繊細に。
細部にまで行き届いているように。




・・・わかりますけどもぉ。
・・・細かさ具合が今まで経験した曲の比じゃないですよ。
・・・むぐぅ・・・髪の毛ごっそり抜けそうです・・・。






これ、(超絶という意味でなく)超上級者向けの曲だから♪




・・・って、なぜ、そこで「にっこり」されるのですかぁ~~~!!!


だって・・・楽譜を見ても、曲を聴いても、簡単そうだったんですよぉ~~。
そりゃまぁ、師匠の言うこと聞かなかった私も悪いんだけどさ(ここにはその顛末は書いてないけど)。



これって、これって・・・演奏効果が低い曲ってヤツ?
(そんな言葉あるの?!)

スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。