ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐があるって!(汗) ①

レッスンでした。



・・・いつものように、本題に入る前に近況報告など・・・


日数としては3週間ほどあったのですが、練習したようなしていないような。。。

子供たちが春休みだったので、家族で出かけたり、夫の実家へ数日間滞在していたり、子供の習い事の発表会、卒・入学式もあったので、自分の練習は後回しだったのです。
毎日、仕事かイベントでした(笑)




ピアノに触れていないと不安になったり、間に合わない~という焦りが出てくることが多いのだけれど、そういうこともあまりなかったんですよね~~。

あ、このまま弾けないで終わるという不安というか諦めもありましたけど。
漫然と練習を積み重ねればできるようになるとは思えなくて。






今のままでは、音色も速さも音量も上手くコントロールできない。
=弾きたいように弾けない。

う~~~ん。こうじゃない。
何かが違う。




弾き方(奏法)の問題なんだよね、たぶん。
無駄にバタバタしないで弾けるはずなんだけど。。。

どうやったら・・・?







練習らしい練習もせず、もしかしてこう??というイメージが浮かんだのがレッスン前日でした。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。