ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ人間なんだから ①

本番前の最後のレッスン。



まさかの台風襲来!!!




雷雨・吹雪・熱風・・・・・・
あらゆる困難は過去に経験済み。


どんな苦難にも立ち向かえるだけの精神力だけは培ったはずのP氏が、
なぜ道端にうずくまったのか?!





以下、P氏談

うっ、うっうっ、、、。
指が、震えました。。。
レッスンが始まる前に、寒かったので冷房を止めて頂いたのですが、
それでも凍えて・・・。
心臓がキュゥーーッと痛くなって、何度も意識が遠のきそうになったのですが、
どうにか耐えなきゃって。。。
あぁ・・・
それにしても、あんなに・・・・・・#####なんて・・・
もう少しで泣くところでした。

「希望の光が見えたと思ったのに、前より悪いとはどういうこと?!」と聞かれた時には
何も答えられませんでした。
おそらく小さく光が見えた時点で、のぼせ上ってしまったんだろうと思います。
もちろん、練習もしました。

えぇ、海へ行ったり、コンサートに行ったことが原因ではありません。
意識の問題です。


それがこんなことになるなんて・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。