ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツのような ①

1ヶ月ぶりの復帰記念(?)レッスン、行ってきました!

1ヶ月ですから、復帰とは言いませんよね~~。
ですが、私には1年ぐらいの月日が経ったような気がします。




さて、持って行ったのは、2曲。
どちらもショパンです。


一つは曲決めだけはしてあったものの、本番が終わるまでは手を付けないようにと釘を刺されていた曲で。。。

ワルツ1番です!


2ヶ月後のピアノの会で弾かせて頂こうかと思っていたのですが、そちらはちょっこし保留にさせて頂いているので
「はりきって練習~~♪♪」になりきれなかったり~~。



うん。
でも、ひとまずレッスンを受けるだけでもしておくことにしましょう。


ピアノを弾かない人でも知っているので、下手なのが目立ちそうで、かえって敬遠していたのですが。。。
改めて聴いてみると、最後が思い切りよく終われて、すっごく好みですし♪

弾きながら踊りだしたくなっちゃうような曲ではないですか~~!
・・・そのまんま!!(笑)




それと、もう一つ。

こちらは、「もしも、これが最後のレッスンだったら?!」をお題に(?)用意いたしました。




いえいえ~~!実際は最後ではないのですが、そういう時がいつくるかもわかりませんし。。
やはり、これは師匠に教わりたいなぁ、と。


好きでたまらなくて、100回連続で聴いても良いぐらい。
そして、どんなに時間がかかってもいいから、自分の手で弾けるようになりたい。


ショパンのエチュード。
Op.10-1です。



ワルツよりもこちらを丁寧に練習してしまいました(爆)

・・・好きの度合いが違う~~。




普段は、忘れない程度にしか弾いていないので、方向性が間違っていなければいいのですけれど。。。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。