ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢、そして苦労・・・ ②

さて、レッスン。


まず10-1から見て頂きます。
師匠は、この曲では指の運びを観察しつつ、必ず真横でお聴きくださいます。





「この前みた時よりも速く弾けるようになったね。」




・・・えへへ~~、そうなんです。
・・・ただ、妙にゴツゴツしてしまったりするんです。
・・・結構うまく行ったじゃん?!っていう時もあるし、そうでもない時もある~♪というのは、まだまだコントロールできていないということですよね。




「そんなに全部を一生懸命弾かなくても、もっと軽くていいよ。」

言われるままに弾くと、ゴツゴツしていたものが、それなりにそれなり~~じゃぁないですか!!
あちこち直しが入っても、対応できるのは、すこ~し進歩してると考えてよいでしょうか。



「右が頑張っているわりに、左手のクオリティーが低い。」

・・・あぁぁ!!それは気になっていました。
・・・やはり、右手と同じように使えていないんですよね。。



左はオクターブか単音ですが、バスで響きを支えるので非常に重要なのです。

右は上りよりも下りが苦手。
4回同じパターンを繰り返しながら下りてくるようでいて、指の動きを微妙に変えなくてはなりません。
これがテンポ176だとすると、まさに瞬間技


ただ、これを弾いていると、右手はほとんど満遍なく使えるし、身体もほぐれるような気がして、身体的にも気持ちいいのです。






で。。。



で・・・・・・???



そのう・・・。



いかがでしょうか。
和声感も意識してみましたが。。。
滑らかに、、、速く弾けるようになったと、、、先生も言って下さいましたが。。。





「この調子で、あと半年、、、1年ぐらいやってみようか。






・・・ぐわ~~~~ん!イチネンですか・・・





・・・来週弾いちゃおうかな~~とか、思ってたりなんかして。。。



「もう、、、ずいぶん長く弾いてます~~

「うん。(にっこり~~)」

そんなことはわかってるよ。
でも、長く弾いていても、上がれる理由にはならないよ?

・・・といったご様子の師匠。




普段のレッスン曲の場合、ある程度その中でのポイントがクリアーできていれば、上がりにしていただけるんです。

そろそろお披露目しちゃおうかな~、なんて思っていましたが、とんでもない!!
まだまだ、最低ラインにも到底届いていないのでした。。。




・・・はぁぁ、そうかぁ~~~~(がっかり・・・)





「かっこいい曲だよね。」






うん。。。
そうです。


そうでした。
どうしても弾けるようになりたいと、この曲への愛を語っているのは私でした。
そういう私が中途半端で切り上げようと考えたらダメですよね。


容易に弾けるものではないと承知の上で、チャレンジしたのだし!



ん?
あと1年と仰ったっていうことは、またレッスンして頂けるということですよね。




なら、続けられます!!!

またしつこく持って来ますから~~~(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。