ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢、そして苦労・・・ ③

そして、気分を変えてワルツ1番を。

こちらは3回目。
と同時に本番前最後のレッスンです。


楽譜を閉じて弾き始めます。


これまでに2回しかレッスンを受けていないのと、いつもに比べて細かなことをいわれていないので、かなり自由に弾いてしまっています。




「うん。なんとか通せたね。」



確かにそんな感じです。
通すことはできるけどね、、、ただそれだけ、なんです。



全体に、ドビュッシーの10分の1ぐらいしか注意を受けていないのですよ。。。
いつも細かく言われ慣れている身としては、大いに不安なのですが。



こんなにユルユルで弾いてしまっていいのでしょうか~~。



当日は、私の『こだわりポイント』が2ヶ所だけできることを目標とします☆

あとは、なんといっても響きを楽しむこと!!!






・・・・・・・・・・・・





さて、次回の曲決めです。





ぴあ「○○○○○○♪」(←曲の希望を言う)


先生「じゃぁ、月光の3楽章。」




私の希望にかなうものということで、3楽章だったのですが、結局全楽章やることになりました。
でも、レッスンの優先順位としては3楽章が優先ということです。




ワルツの代わりなのでロマン派かと思きや、私の要望からイメージしたものはこれだそうです(笑)


ベートーベンで次にお願いしようと思っていたのがズバリ「月光」なのですよ。
うれしい~~~






次回のレッスンが楽しみです!




私が師匠に申し上げた曲の希望とは。。。

う~~~ん。
私って、やっぱり相当変わってるかも(汗)


(○の数は関係ありません。)
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。