ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワガママだなぁ・・・ ②

さて、レッスン。


「月光」としては2回目ですが、1楽章と2楽章は初めてです。

これだけで時間いっぱいになりそうな予感(ページ数は関係ないだろうと。。)がしたので、1,2楽章を続けて弾かせて頂くことに。


ところが、1楽章を弾き終えたところで止められました。

通常は長~いソナタでも最後まで聴いて下さるので、これはよっぽどの場合なのです。。。




最初から再び弾いていきます。


今日はお手本は弾かれずに、言葉で指示されるだけ。

それも、どこをどうという言い方ではなくて、「Ⅱ度7・・・ドッペル・・・」と言われるだけだったり、
和音でとってみてから楽譜通りに弾くように言われたり。


前回、言われたばかりでしたよね。
「わかっていても、音にあらわれていない」と。

気づき→意識→実現(音に表せるか)
・・・ができていないんだろうなぁ。



家での練習って自分に甘くなったり、ここまで注意深く弾くことも、聴くこともなかったりするのではないかな。



それにしても・・・教わらなければ全くわからなかったようなことだったら仕方がないと思えるけど、
・・・うぅ、こんなこともできていないなんて~~~。




弾きながらズブズブと地球の裏側まで落ち込んじゃいましたよ。



途中からは、師匠もお手本を弾いて下さったので、膨らませ方、次の音へ行く微妙なタイミング、細かいペダル使いが、よりわかりやすくなりました。



2楽章。。。


アーティキュレーションを守ること。
左がスタッカートの部分は、右の内声もそれに揃えると、整然と弾ける。
ペダルを入れられない所(部分的にスタッカートがあって)は、繋げる指使いを工夫する。

『指遣い』→→その場で考えさせられました
       これからは、できるだけ自分で考えるようにとのこと!


2楽章は1番難しい~~そうです。


う~~ん。確かに!



やはり、1,2楽章だけで、すっかり時間オーバーです。

スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。