ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初シンフォニア ①

一昨日のことですが、レッスン、行ってまいりました。




クリスマス・イブで、無事、年内の仕事も終わり・・・ピアノも解禁(笑)


ピアノって、楽譜を読むだけでも頭を使うし、優先順位を考えて時には休むことも必要かもしれないなぁ。

ヒマでヒマでどうしよう?!
・・・となるかと思ったら、家のことをしたり、仕事をしたり、家族との時間をとったり・・・で、充分に24時間使えるものですね。

日頃、やりたいことをギュウギュウに詰め込んでしまっているのかも(^^;
でも、ホントはも~っとやりたいことがあるんですけどね。




解禁後、久々に弾いたピアノは、音が違って聴こえました。

もしかして、サイレント機能を使って練習していた時に、耳を酷使していたため、聴こえが悪くなっていたのかもしれません。。
これまでにヘッドフォンを4,5個は壊している(コードが切れてしまって)ので、イヤホンタイプで我慢していたのですが、ついに電気屋さんでヘッドフォンを買ってきました。
高価なものではありませんが、音が柔らかでびっくり!

難聴になる前に買って良かった~~(汗)



年末ですから、年賀状を書いたり、お正月用の買いものをしたり、大掃除したり。
なにかとありますが。

今年の大掃除BGMはバッハのイタリア協奏曲とシンフォニア。
それに、ポリーニのショパン・エチュード。


昼間は動きまわって、夕方に、生音で練習することを心がけました。

特に、シンフォニアは生音でないと、聴き分けにくいのです。
短時間しか弾けないのですが、サイレントで弾いても結局は修正しなければならないので。



それに加えて、「別れの曲」もどうにか通して弾けるようにしていきました。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。