ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難しそうな曲 ~後編~

さて、レッスン。



シンフォニア   4番 (3回目)
         12番(1回目)
ショパン エチュード Op.25-1 (3回目)
           Op.25-2 (1回目)





シンフォニア4番だけ、かろうじて上がりとなりました。
このままで次に行ってしまっていいものか、師匠はかな~~~り迷われていましたが。

あと2週間あっても、変えられる気がしません。。
13番の時もそうでしたが、たとえ言われたようにすべての音を整えることができたとしても、何かが足りない、何かが違うのではないでしょうか。

正しい音を押さえたとしても求められる音楽にならない。
・・・良い曲かぁ・・・。
・・・どう弾けばいいのかなぁ。。。





エオリアン・ハープは「あと一息」ということで、次回も弾きます。
こちらは自分の中にイメージがあるので、より良いものになるように頑張ってみます。


以下、言われたことをざっくりと並べ連ねてみました。
何処の箇所かの説明は省いております。。

桜らいん

まず4番。

(通して弾きます。)


それだけ弾けてるのに、何か力が入っていて流れがないのはなんでだろう。
もう一回最初から弾いて。


そこ、さっそく音が切れてる。
左のテーマ、歌い方が子供っぽい。
シンコペーションを強調し過ぎ。
音の質に気を配って。
大事なのは下の音。
タイの後、音が飛びださない。
左、もっと太い音で。
ソプラノをもっと出す。テーマはアルトだけど、全体のバランスを取って。
あぁーー、もっと上手に弾けないかな。
シとレを切った後はつなげて。ペダルを上手く使って。
いや、違う。
そこだけ何度も弾いて。
そのシじゃ使い物にならないな。・・・そう。
バッハなのに細かいペダルもできてないし、デコボコしてるし。
うーーーーーーーーん。最後3小節、もう一度。
・・・・・・うーーーーーん。。。。
ただ普通ーーに、きれいに弾いて。
・・・・・・うーーーーーーん。。。
違う。ごつごつしてる。もう一度。
・・・・・・うーーーーーーん。。。

この曲を知らない人が聴いて、いい曲だなぁと思うように弾いてほしい。
今のままだと、ただ難しそうな曲だというのだけが、よく伝わってくる。


それだけ整理されてるのに、どうしてかなぁ。




(最後の3小節だけを5,6回弾きましたが、OKは出ず。)



・・・・・・うーーーーーーーーーーーん。。。。。

・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
(長い沈黙)。。。。。


まぁ、長く弾いてるから終わりにしておこう。






12番。

1回目なので、アーティキュレーションを確認しながら、練習に付き合って頂いた感じで終了。



25-1。


音はいいけど、もっとペダルを上手に使って。
濁らないように。
ブレーキ、ブレーキ。
大事なハーモニーは時間をかけて。
そう。そのぐらい。
A durはあまりふくらまさない方がいいんじゃないかな。
2度のぶつかりを聴いて。
あれ?一回少なくない?
今度は一回多くない?(笑)
もっと速く弾いた方が弾きやすいんじゃない?

うん。まぁ、、あと一息かな~。
全体にもう少しテンポも上げてきて。



25-2。

これも一回目なので、非和声音の絡め方などの注意が中心。





「こうしてみると(シンフォニアの)4番もけっこう難しいよね。
 自分で弾いた時は難しいと思わなかったんだけどなぁ~。」


「あのぅ。。それは私が弾いてるからそう見えるんじゃないでしょうか(笑)」


良い曲に聴こえない・・・というのも納得するのですが、何が何だか、どうすればいいのかわかりません。
 数をこなしていくうちに、だんだんわかってくるのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

バッハ

こんばんは☆

バッハ、読ませて頂いてたら、なんか自分の事のようで、思わずコメントしたくなってしまいました!

書かれてある事、そうなんですよね。
音を辿って弾く事はできるのですが、どうも私が弾くと違うんです^^;

普通に綺麗に弾くって、難しい・・。


ショパンも弾かれていらっしゃるのですね♪
エオリアン、綺麗な曲ですよね。
音がいいと言って頂けるのって、一番嬉しくないですか?
私は音を褒められると有頂天になってしまいます(*^_^*)

Dear ayayanさん

こんばんは~!
コメントありがとうございます♪

バッハ…ayayanさんもそう思われますか~?

音も合ってるよ~。声部の流れも意識してるよ~。バランスも考えてるよ~~。
なのに、なぜ~?!です(笑)

> 普通に綺麗に弾くって、難しい・・。
ですねぇ。。
「ここから先はヒ・ミ・ツ~♪」じゃないですけど、単純には言い表せないものがあるような気がするんです。
これがいつか謎が解けるように「こうなのか!」と思える時が来ると信じて、続けたいと思います。


えへへ。
私も音のことを言われたら、何よりも嬉しいですよ~。
今まで音がいいと言われた経験はないのですが、これも枕詞のようにサラッと言われたので、音色の方向性(ガツガツ弾くのではなく)は合ってるという意味じゃないかなぁと思われます。
師匠の音が永遠の憧れなのです。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。