ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然に触った音 ①

またしても、上がれませんでした。
Op.25-1。



みっちりレッスンして頂いた後

「じゃ、次回も。」

と言われて

ちょっとショック。





もちろん「ふふん♪これで完璧さ」
と思っているのでは決してないのですが、

「あと一息」という言葉に安心してしまっていたんだろうなぁ。。




自分なりによくやってるじゃんって
勝手に妥協ライン引いてたのかも(救いようがない~)




ま、打ち切りよりはマシですし。
次回のレッスンまでに猶予を与えられたわけなのですけれど。

そもそも時間があったからといって、要求されているレベルまで私が到達できるのか?
気弱になってしまいまして。


「前回も、その前も『次は仕上げ』って言われてたような気がします~」とぼやいてしまいましたよ。





「ん。でも、まだ硬いから。」

・・・様々な音の処理、ぺダリング・・・スムーズにできていない。。



「次回できていれば上がりにするし。そこでダメならまた2週間後。」




・・・そうですか。。。



・・・そうだよね。




・・・できるまでやるに決まってるじゃん!




・・・「ドコマデやったらユルシテもらえますか」
なんてツブヤイタ私の浅はかさ。。。ふぅぅ

スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。