ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトル? ②

焼け焦げそうな暑さの毎日ですね~。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
職場でも扇子を持ち歩いたり、マイ携帯扇風機を置いたり、保冷タオルを巻いたり・・・と、それぞれに工夫を凝らしております。

暑さのせいではありませんが、いつもお気づかい下さるみなさんの所へのご訪問もなかなかできず、申し訳ありません。
もう少し経てば落ち着くかな~~と思うのですが。



・・・・・・




約1ヶ月ぶりのレッスン。

曲を増やしたので時間的にも余裕がありませんでしたが、練習は楽しかった♪
やはり目的を持って何かをするというのは、やる気がグ~~ン♪とアップしますよね。




今までのペースを保ちながら、もう一曲もやっていきたいというのが私の希望。

だって、私にとってはどちらも大事な曲だし。。
人前で弾いたり、何か特別なことのために弾いたりするのも好きですが、コツコツと地道に練習を重ねていく時間も大切にしたいのです。



・・・・・・



本日のレッスン曲。

シンフォニア 12番。
ショパン・エチュード Op.25-1
           Op.25-2
そして新曲。




シンフォニア。

3回目です。


通して弾きますと…


「整理はされているのに、全体にタッチが自信なさそうというか、頼りない」


再び最初から弾きましたが、主にタッチのことを注意されたぐらいで、あっさり上がりにして頂けました。

家でも、なかなか音が整わなくてこれはダメだ===と諦めかけていたので、
これにはちょっとびっくり。
なぜだろう?!



これまでとの違いは、13番と4番の時には内心「このぐらいでいいじゃん~~~」と思っていた(スミマセンッ笑)のが、今回の12番は、「まだ自分でも気になるところだらけ」だということ・・・でしょうか。
つまり、「こう弾いていこう」という方向性、気がかり度のピントが合ってきたのかな、と思いたいのですが。
偶然かも!ようわからん~~




Op.25-1。


まず暗譜で弾きます。


実はこれを師匠の前で暗譜で弾くのは初めてです。。
今までは、なんとなく自信がないのでずっと視奏でゴマカシていました。


事故はありましたがなんとか弾きとおしました。



「内声を出すところ、ぼやかすところを具体的に決めて弾いた方が良い」
・・・行きあたりばったりではなく、コントロールして弾くように、と。




(ハーモニーが)美しくなりきる前に先を急いでしまっている。
変化するところはそんなに急がなくていいんだよ?


・・・ペダルも上手く行かないし、自分でも綺麗じゃないな~~と思っていたところ。


36小節目。
ここだけで30回以上は弾きなおしたのではないかと。。

盛り上がって音量もあるけど乱暴にならずに、陰りはするけど抜いた音ではなく、次のp(ピアノ)に繋げていく。。

・・・ここもまた、自分で消化できていなかった部分でした。




最後まで見て頂きましたが、
「どうする?」・・・と言われてしまいました。


(・・・元気に続けたい~!という気はしないなぁ。。)

「終わりにしておこうか。でも、練習は続けておいて。」

とオマケの上がりです。



今は私にとって限界~~なのですが、期限は設けずに、磨いていきたいと思います。





Op.25-2。

あまり練習していないので、ざっくりとで終わり。




そして。
いよいよ新曲。



もったいぶるほどのものでもありませんでしたが、形にもならないのではないかと公表を控えておりました~。

その間、想像をめぐらして頂いたようで、ありがとうございます!
ニアピン賞の方もいらっしゃいました!すばらしい~~



さて、今回の件で私の頭に浮かんだ曲は




ショパンのノクターン16番でした!



今回の件というのは、この夏・・・師匠とは別の先生に1回だけレッスンを受ける機会を頂いたというものです。




偶然頂いた1回限り!の機会に、どういうことを教わりたいのか・・・?
考えた時に、これしかない!と突然思い浮かんだのです。



そして・・・・・・

スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。