ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年

新年のご挨拶と言うには遅すぎますが…

皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。



今年やってみたいことを思いつくままに手帳に書き付けておりましたら、
膨大な量になってしまって(笑)

年が改まると、何でもできる気になってしまうのですよね~。

その中でも、ピアノに関してはシンプルに。



やはり。
今年もバッハです。


昨年もそう言っていた割に、あれこれ手を出しましたけど、気持ちの上ではそうなのですよ。
自分からどうしても…と言ったのはノクターン16番だけだったのではないでしょうか。



それから、昨年の秋頃から始めたスケール。

私はもともと物事をコツコツ進めるタイプではなく『追い込み型』なので、毎回スケールを弾いていくというのは逆に新鮮なのです。
継続して行くことがどういう結果を生むのかというのも楽しみですし、なんだかピアノのレッスンっぽい(笑)



スケールとバッハ。

これを軸にしていきたいと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。