ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスンでした。
3週間ぶりです。

3日間だけ練習できました。
以前とは練習量は比べ物にならないほどですが、少しでも時間が取れて良かった~♪です。



スケール。

弾いていないから、下りが特に迷子~~~。
回を追うごとに要求が多くなって、頭がついていかない。。



シンフォニア。
11番。2回目です。


一ヶ所、音の扱いが乱暴になっている所を指摘されただけで、上がりとなりました。

美しい曲で大好きだったので、すっきりと上がれて嬉しいです



「次は平均律か組曲をやってみない??」


じゃじゃ~~~ん!!!
これですよ。

何度か言われたこと。



私に平均律とか、、からかわれてるんじゃないかと思いましたよ。



組曲も気になる存在ですけど。
決めてありましたからね。
思い切って平均律、弾かせて頂くことにしました!



「何がいい?5声とか?」

・・・これこそ、悪いジョーダンっしょ。



最初ですので、好みがどうとかよりも、弾きやすいのからお願いしますってことで。

第1巻の9番になりました。



「難しいところもあるけど・・・これだけ真面目にシンフォニアを勉強したから弾けると思う。」


・・・おぉぉ!
・・・良くなったとも言われはしないですが、努力を認めて下さる言葉がじんわりと嬉しいです。



次にショパンエチュード。Op.25-12(大洋)。

通して弾きます。

「暗譜はできてるよね?あとはスピードを上げるだけだから、丸にしておく?」


・・・え~~~?!ちょっと待って下さい。の気分。

和声進行を理解していればそれらしく弾けてしまうけど、もっと納得のいくように弾けるようになりたい。
なので、もうしばらく弾かせて頂くことにしました。




ショパンエチュード。
Op.10-5(黒鍵)。

2回目。


ペダルの入れ方を直したり、数カ所ご指摘が。

「あとは暗譜して弾きこんで行くだけだと思うけど、何かある?」

と、意外にあっさりだったので、弾きにくい所やアルペジオの弾き方をご相談しました。



どちらもわかりやすい曲なので、どうしよう~と悩むことはあまりないのですけど。。
とにかく弾きこむ時間がもう少しほしいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。