ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を限定で書いたり消したり、公開してもしばしの後、引込めたり・・・

なんとも思わせぶりですみません。


頭の中で思いついたことをそのままポツポツと語っているつもりなのですが、
少し経つと「いや、そういうことを言いたいのではなくって~!!」
と、自分ツッコミして消してしまいたくなるのです。


そんなことが時々あると思いますが、「あらら、まただ…」と、呆れながらお付き合いくださいますと幸いでございます。



・・・


さて、1週間ほど前ですが、レッスンに行ってきました。


次回からスケールに加えてアルペジオも加わることになりました。

アルペジオは、スケールがある程度弾けるようになってからということでしたので、少しは進歩があったのかと嬉しいです。
でも、まだ何も掴めていないような気がしています。
確信がないままに偶然で弾けているような。。。



(昨年)一度見たからいいんじゃない?と言われたエオリアンハープでしたが、弾けそうで弾けないというところから脱したくて、再びレッスンして頂くことになりました。

それなら。
一つも不安な所がないようにと、指使いの見直しがされました。

一方だけ安定するように指使いを片手だけ変えると、左右のバランスが悪くなったり、和音の中での音の鳴り方に影響があるので、その場で師匠が試しつつ変更していきました。
前もって用意されたものを教えて頂くだけでは得られない、『ザ・完成への道』のような、理由付けがあっての新バージョンの指使い。
達人の創作過程♪に密着したようで、ワクワクしました(違?)


いつも譜読みに追われていて、以前の曲を再びということはなかったのですが、思いのほか新鮮に向き合うことができ、新たなアイディアも生まれて楽しいです。



もうひとつ、別な曲も弾いているのですが、それは・・・もっと難しくて。

「弾けるようになるかな。」と言われているぐらいなので、まだ伏せさせてください。



バッハも時々家では練習しています。
レッスンでは全く別なものを弾きながら時々戻ってみると、曲の聞こえ方が変わったりしますし、時には音の扱い方を工夫してみたりして大事に弾いています。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。