ドロップスの気持ち

なんとなく再開したピアノ。 ふと気付いたら、いつの間にかすっかりはまり込んでいます。 Drops・・・時には汗と涙、そしてきらきら輝く音の粒のようで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週のことですが・・・レッスンでした。
6週間ぶりですーー。


予想はしていましたが、
楽器が鳴らないよぉ~~~
やっぱり身についていないんですよねぇ。今の弾き方。
自主練期間が長いと、すぐ音が鳴らなくなってしまいます。

鳴らないって何??と思われるかもしれませんが、もともと私はとーーっても指が弱いのです。
子供の頃から言われてはいましたが、それに対してどうしたら良いのか方法を教えてもらったことはありませんでした。
実際、人の身体は一人一人違いますし、それぞれが体感していかないといけない訳で…正しい方法を伝授するのは非常に難しいことだと思われます。

それに、ヴァイオリンを初心者が弾こうとするととんでもないイヤ~な音が出てしまうといいますが、ピアノはそこそこピアノらしき音が出てしまうのが曲者で。
ま、いっか~、、、なんて思いがち(というのは私だけかもですが~)。

私も師匠の所に通い始めて6年。
小学校を卒業したのだから、そろそろちゃんとした音が自分で出せても良いようなものですよね~。




さてさて、
レッスンですが。。

まずはスケール。
この時点で音が軽すぎるとのご指摘。

・・・う~ん。指がスムーズに動かないし。。
・・・自分でもなんだか鍵盤と仲良くなれていないような…しっくりしない感があるなぁ。。

家で遠慮がちに弾いているうちに、どれだけ弾けばどのような音が出るのか感覚がわからなくなってきていたみたい。




次にショパンのエチュード「黒鍵」。


これもまた全て確実に音を鳴らすことに逆戻り。
ゆっくりと確実に充実した音が出せなければ、速くも弾けないことはわかっているのですけれども・・・気持ちが先走ってしまいます。


でも、師匠の後について弾いていくと、だんだんと鍵盤を捉える感覚が戻ってきました。
大袈裟じゃなくて、「あぁ、ピアノってこうやって弾くんだった!」と思い出しましたよ。
これが音が音になっていないと言われる所以です。。。

・・・良い音のイメージと弾き方の感覚を、家にもそのまま持ち帰らなくては~~



その次はシマノフスキOp.4-3。


雰囲気は良かったと言って下さいましたが、ぜんぜん~~~っ程遠いです。

音の運び、ぺダリング、バランス・・・「次にこう行きたいから、ここではこうして…」と細かな理由付けと共に、丁寧に教えて頂きました。



なるほど!!の連続の楽しいレッスンでしたので、これをどれだけ生かせるか~・・・ですよね。
がんばります~~^^
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。